サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > いまや伝説の国産メーカー「プリンス自動車」を知っているか?

ここから本文です

いまや伝説の国産メーカー「プリンス自動車」を知っているか?

いまや伝説の国産メーカー「プリンス自動車」を知っているか?

日産スカイライン2000GT-R KPGC10型

「箱スカ」から「プリンス自動車」へ思いを馳せた

8月に開催された「オートモビル カウンシル 2016」では「初代箱スカ」や「R380」という往年の名車やレースカーが展示され、「プリンス自動車」を偲ぶイベントとなった。今年は日産自動車とプリンス自動車工業が正式に合併してからちょうど50年目にあたる年だ。敗戦後わずか20年で純国産レーシングカーを開発したプリンス自動車とは、どんなメーカーだったのだろうか?

実は私自身が18歳で四輪の免許をとり、最初に乗ったクルマが当時の花形スポーツセダンであった「スカイライン 2000GT」だった。「箱スカ」の愛称で親しまれたこのクルマこそ、戦後日本の旗手として自動車技術を牽引してきたプリンス自動車の申し子だ。当時はそんな伝説を知らないで乗っていたわけだ。

そもそも箱スカに決めた理由は2つある。自宅から最も近いディーラーが日産プリンスだったのと、父はトヨタ車よりも日産車のほうが品質が良いのではと考えていたからだ。型式番号GC10の箱スカは新車でも90万円弱で買えたが、1972年頃は今の200万円に相当する買い物だったと思う。

当時、「プリンス」は日産自動車の一つの事業部として存在していて、富士スピードウェイでは「スカイライン GT-R」が連勝中で不敗伝説が築かれていた。しかし時代を遡ると、プリンス自動車は決して光り輝く時代だけではなく、むしろ悲運の歴史のほうが長かったのではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します