サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > カローラ生誕50年を記念して初代モデルを展示。台数限定の特別仕様車も

ここから本文です

カローラ生誕50年を記念して初代モデルを展示。台数限定の特別仕様車も

日本初のヘリテージカーイベント『オートモビル カウンシル 2016』において、トヨタ自動車はカローラ生誕50年を記念した展示を行った。

初代カローラ KE10型

初代カローラは、「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージして「カローラ(ラテン語で花の冠の意)」と命名され、1966年に誕生。あらゆる面で80点以上を実現すべきという「80点主義+α(アルファ)」の思想のもとで開発された。

800ccのパブリカと1500ccのコロナの中間に位置し、新たなファミリーカー需要を狙った初代カローラは、その「+α」としてスポーティ性を随所に表現。コラムシフトの3段トランスミッションが一般的な時代に、フロアチェンジの4段トランスミッションを採用。さらに、丸型メーターやセミファストバックの斬新なスタイルなどで軽快感を印象づけた。

当時ライバルだった日産サニーやマツダ ファミリア、スバル1000などが1000ccのエンジンを採用するなか、初代カローラは1100ccを選択。「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーでひとまわり大きいエンジンを強調して差別化を図った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します