サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 日常使いもできるサーキットマシン、ミニ JCW GP。ドイツでは日本から逆輸入の話も浮上

ここから本文です

日常使いもできるサーキットマシン、ミニ JCW GP。ドイツでは日本から逆輸入の話も浮上

エクステリアもインテリアもド派手な3代目JCW GP

1960年代の若きエンスージアストの憧れは英国車、それもミニだった。クラシック・ミニにはクーパー、ダウントンなど様々なチューナーが存在しており、さらに夢を掻き立てていた。そして21世紀にBMWの傘下に入ったクーパーが復活すると、さらにホットなJCW(ジョン クーパー ワークス)が登場。2006年にはその頂点としてGPキット、2012年に独立したモデルとして「GP」が2000台限定生産された。

3世代目が待ち望まれる中、ミニは2019年のニュルブルクリンク24時間レースでプロトタイプによるデモンストレーション走行を披露した。さらに同年秋に開催されたLAオートショーで「ミニ ジョン クーパー ワークス GP」が正式発表されたのであった。

今回は量産モデルの出荷に合わせて、我々ジャーナリストにオンロード試乗のチャンスが与えられた。最新のJCW GPは2014年に発表されたF56、すなわち3ドアをベースにしているが、一見してタダモノではないオーラを放っている。最も目につくのはルーフ後端にある2階建てのスポイラーで、フロントエプロンと一体化されたリップスポイラーと組み合わされ理想的なダウンフォースを得るように計算されている。

ブラックのハニカムグリルは真っ赤なラインとGPのロゴが印象的だ。リアに回るとユニオンジャック柄のLEDテールライトの65mm径のツインエグゾーストパイプ、8J×18インチホイールと225/35R18サイズの大径タイヤを収めるためのカーボン製オーバーフェンダーが視覚的な安定感を与えている。

キャビンに入っても興奮は増すばかりだ。リアシートが取り払われた空間はまるでリアコンパートメントへの侵入を禁止しているような真っ赤なボディ補強バーが左右に渡されている。

サポートに優れた形状を持ったスポーツシートに腰を落とすと、前方にはBMWの最新操作システムのオペレーション7.0、すなわちフルデジタルコクピットが目に入る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します