サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 7世代目となる新型5シリーズの概要が明らかに。運転支援システムも充実

ここから本文です

7世代目となる新型5シリーズの概要が明らかに。運転支援システムも充実

今年で創業100周年を迎えたBMWが、フルモデルチェンジを施した新型「5シリーズセダン」の概要を発表した。今回のモデルはG30と呼ばれる第7世代。欧州市場への投入は、2017年2月11日が予定されている。

最大100kgの軽量化やCd値0.22を達成

外装デザインは基本的にはキープコンセプトながら、ミッドサイズセダンとしてのダイナミズムやスポーツ性をさらに強調。シャシーには軽量スチールやアルミニウムを多用し、先代モデルから最大100kgの軽量化を果たしている。また、キドニー・グリルの「アクティブ・エア・ストリーム」やフロントサイドの「エアブリーザー」の採用も相まって、Cd値はクラストップの0.22を達成している。

内装は、昨年デビューした「7シリーズ」の流れを踏襲し、タッチパネル機能やジェスチャー・コントロールを備えた最新世代のiDrive、高解像度の10.25インチモニターなどが採用されている。スマートフォンを介して自車周囲の状況を3Dビューで確認できる「リモート3Dビュー」といった最新技術も盛り込まれた。

安全面では、時速210kmまで対応するステアリング支援付のレーン・コントロール・アシスタントやアクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション(側面衝突回避)、クロス・トラフィック・ウォーニング、リモート・コントロール・パーキングなど、充実した運転支援システムが用意される。

パワーと効率を両立した豊富なエンジンラインナップ

2月の導入当初のエンジンラインナップは、いずれも新開発のガソリン2機種+ディーゼル1機種。「530i」に2L直4ターボ(最高出力252p/最大トルク350Nm、欧州複合モード燃費=5.4L/100km)、「540i」に3L直6ターボ(340ps/450Nm、6.5L/100km)、「520d」に2.0L直4ディーゼルターボ(190ps/400Nm、4.1L/100km)を搭載する。トランスミッションは8速AT(もしくは6速MT)が組み合わされ、4WDの「xDrive」も全グレードにそれぞれ設定される。

続く3月には、3.0L直6ディーゼルターボ(265ps/620Nm)の「530d」、プラグインハイブリッドの「530e iPerformance」、効率を追求して3.9L/100kmを実現した「520d エフィシェントダイナミクス エディション」、462ps/650Nmを誇る「M550i xDrive」がローンチされる。

【こちらもオススメ】
次期BMW 5シリーズ プロトタイプ、開発テスト同行記

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します