サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ダイハツ「タフト」 ハスラーと好勝負できる使い勝手に優れた軽クロスオーバーSUV

ここから本文です

ダイハツ「タフト」 ハスラーと好勝負できる使い勝手に優れた軽クロスオーバーSUV

ターボ車は停止保持付きACCを標準装備

ダイハツ「タフト」は、2020年6月に販売開始となったクロスオーバータイプの軽乗用車。いかにもSUVらしい直線基調のスタイリングが最大の特徴で、大径タイヤや車体下部と前後フェンダーに施されたモールディングなどにより、ちょっとミリタリー調ともいえる「頼もしさ」が表現されています。

またタフトは、軽自動車では今のところ唯一となる前席のルーフを全面ガラスとした「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備し、荷室には床面の高さを2段階で調整できるデッキボードを装備。防汚加工が施された分割可倒式の後席背もたれを倒してデッキボードを上段に設定すれば、フラットで広大なスペースが得ることができ、デッキボードを下段にすれば、背が高い荷物を収容することもできます。

つまりタフトは前述したこだわりのデザインだけでなく、「使い勝手」においてもなかなか優れている軽自動車なのです。

基本骨格はダイハツの最新世代のもので、エンジンも燃焼効率を高めた改良型。予防安全・運転支援システムの「スマートアシスト」にも改良を加えられ、カメラ認識処理を変更することで検知性能を向上させたほか、夜間の歩行者へも対応しています。また従来型スマートアシストと比べて衝突回避支援ブレーキの対応速度が引き上げられたほか、標識認識機能で読み取れる標識の種類が増加するなど、ほかにもさまざまな機能が向上しています。

そしてアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)は「停止中の持続的なホールド」も可能。ACCはターボ車に標準装備されるほか、自然吸気モデルの上級グレードにもオプションとして用意されています。

次のページ>>ライバル「ハスラー」との性能差はほとんどない

※このページの写真:X 2WD

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します