サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 2代目の新型アウディQ7。日本導入予定の3.0L V6にドイツで試乗

ここから本文です

2代目の新型アウディQ7。日本導入予定の3.0L V6にドイツで試乗

2代目の新型アウディQ7。日本導入予定の3.0L V6にドイツで試乗

写真は3.0 TFSI クワトロ

2016年春に日本導入予定

日本では2012年に販売を終了したアウディQ7だが、2016年春には再び導入されるようだ。もちろんそれはフルモデルチェンジされた2代目。一足先にアウディの本拠地、ドイツ・インゴルシュタット周辺での試乗がかなったのだが、その洗練された乗り味に驚かされるとともに、今後のアウディ車の方向性を垣間見たようにも思う。

初代Q7は欧州で2005年、日本で2006年にデビュー。ライバル達に比べると少々遅れてプレミアムSUVへ参入したのだった。ポルシェ・カイエンやVWトゥアレグと共有のプラットフォームを用いてのフォロワーなので完成度は高く、とくにアメリカでスマッシュヒット。その後、Q5やQ3という兄弟を揃え、今ではQシリーズがアウディの大黒柱の一つになっているのはご存じの通り。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら