サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 「支払総額」で考えれば決して高くない! ホンダ シビックはライバル多けれど魅力十分

ここから本文です

「支払総額」で考えれば決して高くない! ホンダ シビックはライバル多けれど魅力十分

>>ホンダ シビックの詳細はこちら

「コンパクトで経済的な市民の足」から「世界市民の良き足」へ

ホンダ「シビック」は、その初代モデルは1972年に発売され、以来11代にわたって生産され続けているホンダの世界的な基幹車種です。初期のシビックは「コンパクトで経済的な市民(=civic)の足」というポジショニングでしたが、現在ではその役割は同社のフィットに譲り、シビック自体は中型のサイズを伴った「世界市民の良き足」へと成長しています。

11代目となる現行型のシビックが発売されたのは2021年9月。「親しみやすさと特別な存在感を併せ持つ車」として開発を進められた現行型シビックのボディ形状は5ドアハッチバックで、そのサイズは全長4550mm×全幅1800mm×全高1415mm、従来モデルより全長を30mm、ホイールベースを35mm伸ばしたことで、伸びやかなスタイリングとゆとりある車内空間を実現しています。

>>ホンダ シビックの詳細はこちら

広く開放的なガラスエリアを確保するとともに、ボディが薄く、軽快に見えるようバランスに配慮。また、Aピラーの付け根を後退させ、フロントフェンダー後端の高さを下げることで「運転席からの広々とした視野」も実現しています。

インテリアも「すっきりとした開放的な空間」とすることで操作性を高めていますが、窓の映り込みやピラーの影まで考慮してデザインされたというインパネや、パネル中央を横断するハニカムメッシュ(エアコン吹き出し口はこの内側に隠されている)など、その“おしゃれ感”もかなりのものです。

パッケージングでは、ゆとりを増した後席スペースが魅力的。前後席間の距離は従来型より35mm、室内幅は12mm拡大され、荷室容量も従来型の420Lから452Lに拡大されています。

>>ホンダ シビックのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

運転を楽しみたい層大歓迎の6MT設定がうれしい

搭載エンジンは最高出力182psを発生する1.5L直列4気筒ガソリンターボで、トランスミッションはCVTのほかに6MTも用意。このマニュアルトランスミッションの採用は、「実用車であっても運転そのものを常に楽しみたい」と考えるユーザーにとしては大いに歓迎すべきポイントでしょう。

装備類も従来型より大幅に充実しました。上級グレードには10.25インチ高精細フルカラー液晶パネルを用いたフルグラフィックメーターが装備され、エントリーグレードのメーターにも、機械式の速度計に加えて7インチのフルカラー液晶パネルが採用されています。

>>ホンダ シビックの詳細はこちら

インフォテインメント関連では、走行中の操作性にも配慮したというディスプレイオーディオを全車に装備するほか、上級モデルには12基のスピーカーを備えたBOSE製のプレミアムサウンドシステムを標準装備しています。

予防安全・運転支援システムも当然ながら進化しており、フロントワイドビューカメラと前後8基のソナー、リアコーナーレーダーを組み合わせたことで監視範囲が大幅に拡大。標準装備となるアダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システムの性能も進化し、その他の新機能も追加されています。

次のページ>>オプション追加がほぼ不要と考えれば妥当ともいえる価格設定

>>ホンダ シビックの詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します