サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型Eクラス日本登場。完全自動運転の未来がさらに近づいた

ここから本文です

新型Eクラス日本登場。完全自動運転の未来がさらに近づいた

完全自動運転時代が見えてきた

7月27日、メルセデス・ベンツ日本は10代目にフルモデルチェンジしたアッパーミドルクラス・セダンの新型「Eクラス」を発表した。いまや最大のトレンドになった安全運転支援技術を磨き、さらに“完全自動運転”に近づいたと胸を張るほか、Sクラス譲りのインテリア、新型ディーゼルエンジンなども採用した。

車線認識や渋滞時の自動運転機能を向上

混雑時や高速道路の渋滞時に自動運転でドライバーをサポートする新技術「ドライブパイロット」を搭載。白線を認識して車線を維持する従来機能に加えて、車両やガードレールなど車線と並行する物体を常時監視することで、ステアリングアシストの作動範囲を大幅に拡大させたほか、車線が不明瞭だったり表示されない場合でも自動で先行車に追従することができる。

また、高速道路の渋滞時に自動停止した際も、30秒以内であれば自動再発進できるなど、自動運転レベルが高められている。

ウインカー操作後に自動運転で車線を変更

ウインカーを2秒以上点滅させると、移動先の車線に車両がいないのを確認した上で、自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」をメルセデス初搭載。さらに、ドライバーが意識を失うなど万が一の場合に、車線を維持して緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界初搭載した。

ディーゼル&高性能モデルは10月以降に発売

搭載されるエンジンはガソリンが2.0L直列4気筒直噴ターボ、3.5L V型6気筒直噴ツインターボの2種類と、新開発された軽量かつ低エミッションのオールアルミニウム製2.0L直列4気筒ディーゼルで、すべて9速トルコンATの「9Gトロニック」が組み合わされる。

7月27日に発売されたのは「E 200 アバンギャルド」(675万円)、「E 200 アバンギャルド スポーツ」(727万円)の2.0Lガソリンモデル2台。

4WDの「E 200 4MATIC アバンギャルド」(698万円)、高出力版の「E 250 アバンギャルド スポーツ」(756万円)、2.0Lディーゼルを積む「E 220 d アバンギャルド」(698万円)、「E 220 d アバンギャルド スポーツ」(750万円)、3.5Lガソリンを積む高性能モデルの「E 400 4MATIC エクスクルーシブ」(988万円)は10月以降の予定だ。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します