サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 718 ボクスター GTSはピュアな走りの領域で911を超えた

ここから本文です

718 ボクスター GTSはピュアな走りの領域で911を超えた

ポルシェの量販モデルで最も魅力的なグレードがGTS

GTS。ポルシェ好きなら、このワードに心惹かれるのではないだろうか。スポーツグレードの象徴、優れた性能への安心感、お買い得なモデル、保証付きの商品力など、ポルシェの中にあって、ひとつのブランドのように捉える人もいるだろう。ポルシェ全般に言えることだが、グレード選びに悩んだらGTSを選択のベースにして、性能や装備を取捨選択しながら、価格と相談するのがセオリーでもある。

そんな中、発表発売から半年近くを経て、ようやく「718 ボクスター GTS」の試乗車が用意された。試乗車は戦闘機のような色(グラファイトブルーメタリック)がクールだ。ブラックアウトされたヘッドライトや、リアコンビネーションランプのGTS専用のダークフィニッシュとも調和が取れているし、細いスポークでデザインされた黒の20インチホイールとも合う。

個人的な感覚かもしれないが、最近のボクスターと言えばホワイトや蛍光色のボディをイメージしたくなるなかで、この色は魅力的に映った。わずか10mmではあるが車高が下げられ、ホイールハウスとタイヤの隙間が薄くなった効果も大きい。フロントリップ周りのGTS専用のデザインなども相まって、駐車場で対面した時、ワクワクと走りへの期待感が盛り上がるルックスもGTSならではの魅力だ。

carview!の豪華な駐車場では周りの目もあって試せなかったが、ステアリングにあるドライブモードボタンをスポーツもしくはスポーツプラスに回すと、排気音がガラリと変わる。ノーマルでも十分に屋内駐車場で存在感があるが、スポーツモード以上は否応無しにドライバーの心理的スイッチが切り替わる。アクセルを踏む必要すらなく、アイドル時から音が変わるのだ。屋根を開ければ、刺激的なサウンドがダイレクトに耳に届くので気分はさらに盛り上がる。スピードを出す必要もない。乗員を取り巻く世界観そのものを積極的に変えていくのが、ボクスターGTSの魅力とも言えるだろう。

屋根を開けた状態での風の巻き込みは平均的。特別少なくもなく、60km/h巡航程度が最も心地よく、それ以上の速度になってくると帽子が欲しいし、女性だと髪がバサつくなど嫌がる人もいるだろう。高速道路主体で使うのであればクローズドボディで剛性感に勝る「718 ケイマン GTS」のほうが魅力的かもしれない。しかし爽やかな天候の下、適度に耳にダイレクトに届く排気音を聞きながら、風や景色の流れを肌で感じて、操作に瞬時に反応する高性能版ボクスターの世界を体験したら…そんなチャンスは所有しても1年に数えるほどしかないだろうが、感動とともに癒されるはず。幸運にも、試乗した日がまさにそうだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します