サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > メルセデス、EVで実現した“シルバーアロー”を世界初披露

ここから本文です

メルセデス、EVで実現した“シルバーアロー”を世界初披露

メルセデス・ベンツは米カルフォルニア・ペブルビーチで開催されたモントレー・カーウィークで、「ビジョンEQシルバーアロー」を世界初披露した。このコンセプトカーは、1937年のメルセデスの名車「W125」、通称“シルバーアロー”にオマージュを捧げたシングルシーターのスポーツモデルだ。

メルセデス・ベンツのレーシングカーは、今から80年前の1930年代時点で、すでに300km/hを超える最高速を実現し、技術力の高さを誇った。その速さに貢献したのが流線型のボディ形状で、車体色は銀色だったことから“シルバーアロー”(銀の矢)と呼ばれるようになった。

ちなみにボディに銀色を採用した理由は諸説あり、車重を少しでもそぎ落とす目的でアルミニウムの車体色をそのまま使用したためともいわれる。なお、シルバーアローと呼ばれるモデルは、W125だけではない。

ビジョンEQシルバーアローは電気自動車のパワートレインを採用し、流線型の車体は5.3mもの全長を持ち、対して全幅は約1mと細く長い。

一方、インテリアは豪華さを感じさせるつくりが施されている。ステアリングホイールやシートにはブラウンの本革を採用し、ポリッシュドアルミニウムやウッド素材を組み合わせるなど、素材へのこだわりが強い。ちなみにこれらの素材も往年のシルバーアローにヒントを得たとのこと。

また先進的なパノラマスクリーンを搭載し、ドライバーに立体表示による情報提供を行う。ステアリングに備わるタッチスクリーンでは、ドライブモードの選択や、排気音に代わるサウンドを選択でき、メルセデス-AMGのV8サウンドも再現できるという。

パワートレインは、前後にモーターと80kWhのリチャージャブルバッテリーを搭載し、システム全体で550kW(約750hp)を発生。フロア下に80kWhの薄型バッテリーを搭載し、航続距離は400kmを誇る。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します