サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ウィッシュに試乗 リフォーム時代到来!?

ここから本文です

新型ウィッシュに試乗 リフォーム時代到来!?

やはりクルマは時代を映す鏡

歌は世に連れ、世は歌に連れ…とは良く言われることだが、時代はクルマ、特に大衆車に反映すると思う。

このトヨタ・ウィッシュ。03年に初代が出た時には当時のミニバンのコンパクト化の流れを受け、クラスリーダーであるホンダ・ストリームの寸法をミリ単位まで写し取って誕生。業界に物議を醸した。

しかも後発でありながらあっさり先達の販売台数を乗り越えてしまったのだから、まっことトヨタ恐るべし。あれはあれで当時の勢いを象徴していたと思うが、2代目は2代目で時代を象徴している。

それはある種のリフォーム化の流れだ。

ご存じ、今はクルマが売れない時代。よって世界戦略車が増えており、国内専用車はよほどのことがない限り作られない。しかし、ウィッシュは寸法的にもテイスト的にも国内専用。そこでトヨタはどうしたのか。

プラットフォームに旧型のものを流用。ムダな開発費を押さえ、熟成の方向に行ったのだ。ただしこれはほぼ同時に日本に上陸したVWゴルフを始め、去年発売されたクラウンやオデッセイも同じであり、つくづく時代は攻めではなく守りなのである。

特にウィッシュのような国内専用モデルだと、これ以上販売台数が伸びることは考えられず、初代を保有する既存ユーザーにどれだけ買い換えて貰えるかがカギになる。

過去の累計販売台数は55万台とかなりのもので、結構な買い換え需要が見込め、しかも4年前のマイナーチェンジの時には前期モデルから後期モデルへの買い換えも多かったとか。無用な客離れを防ぐという意味でも“全取っ替え”は避ける方が賢明なのである。

一方、最大のライバル、ストリームは06年のフルモデルチェンジでスタイルから中身まで一新。低床プラットフォームを採用して路線を微妙にシフトしたが期待したほどの効果は上がってない。まさに今はリスクを負わないスーパーリフォームの時代なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら