サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 受注台数1万2346台と出足好調のマツダ CX-30。人気グレードの秘密を探ってみた

ここから本文です

受注台数1万2346台と出足好調のマツダ CX-30。人気グレードの秘密を探ってみた

廉価グレードでも装備充実。だけど人気は上位グレードに集中

マツダ CX-30が人気です。マツダは10月24日に発売した新型クロスオーバーSUV、CX-30の受注台数が1万2346台となったと、12月25日に発表しました。あと1台少なければ1~5まで数字がきれいに並んでキリがよかったのにと思わないこともないですが、コンプライアンスの時代ですから、正確に越したことはありません。

発表内容を見てみると、最も支持を集めたグレードは先進安全装備と快適装備がバランスよく充実した「プロアクティブ ツーリング・セレクション」で、構成比48%と過半数に迫る勢いの人気ぶり。次いでブラウン内装に白か黒いずれかの本革シートを組み合わせた最上位グレードの「Lパッケージ」が36%と、価格が高いほうの2グレードで実に84%を占めています。

CX-30のグレード構成は、ガソリンエンジン搭載モデルにのみ廉価グレードの「20S」を設定していますが、廉価といってもアクティブクルーズコントロール(マツダではMRCC)やレーンキープ・アシスト・システム、後側方接近車両検知前後パーキングセンサー(※MT車は前オプション)などひと通りの安全装備と、本革巻きステアリング・シフトノブ、レインセンサーワイパー、評価の高いマツダ・ハーモニック・アコースティックスというオーディオシステムなどの快適装備を備えています。

では20Sで十分かと言うと、悩ましいことに運転席電動シートや運転席・助手席ヒーター、ステアリングヒーター、リバース連動ドアミラー、そして高速道路での渋滞時のステアリングアシストと前車追従を行う「CTS(クルージング&トラフィック・サポート)」など、 選びたくても選べないオプション設定が多いのです。また、リアゲートを電動で開閉できるパワーリフトゲートはオプションでも選べません。

20S以外のグレードは、ガソリン・ディーゼルエンジン搭載グレード共通となり、20Sで選択できないオプションがほしい場合、もしくはディーゼルエンジンを選んだ場合は、ひとつ上のグレード、「プロアクティブ」をどうぞとなります。ちなみに、プロアクティブ以上のグレードでは、パワーリフトゲートは標準装備です。

次のページ>>人気も納得。一番人気グレードの充実装備と価格の好バランス

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します