サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スーパーカー殿堂入り確定か。ケーニグセグの新型4シーター・ジェメラが想像の斜め上のスペックで発表される

ここから本文です

スーパーカー殿堂入り確定か。ケーニグセグの新型4シーター・ジェメラが想像の斜め上のスペックで発表される

最大トルク3000Nm、0-100=1.9秒のお化けハイブリッド

ウイルス騒ぎでキャンセルされてしまったジュネーブMSですが、ショーの常連で、超高性能ハイパーカーのトップブラントとして知られるスウェーデンのケーニグセグが、予定通りまっさらな新型となる「ジェメラ(Gemera)」を発表しました。同社は“世界初のメガGT”にして“完全に新しいクルマのカテゴリー”と胸を張ります。どのへんがメガなのか、想像の斜め上なびっくりスペックをご覧いただきましょう。

ジェメラはケーニグセグ初の4シーター。後席でも大人が快適に過ごせ、さらに全員分の機内持ち込み用スーツケースをラゲッジに収めることができます。ハイパーカー(スーパーカーのさらに上のクラスのクルマという意味合い)ながら、実用的な居住空間もあるようですね。

ぐっと前寄りにキャビンが位置するカーボンモノコック製ボディには、3気筒エンジンと3個のモーターが収まります。そのシステムパワーは、最高出力が約1700ps、最大トルクがなんと3500Nm(笑)。例えば、量産エンジン車の最速を誇る「ブガッティ シロン」ですらトルクは1600Nmと半分以下で、最新のスーパーEV「ポルシェ タイカン」でも1050Nmです。ハイブリッドなのでピークパワーの持続時間は充電量に左右され、常にこのパワーが続くわけではありませんが、タイヤのほうが心配かも。

カムシャフトのないフリーバルブエンジンを実用化

その中心となる2L 3気筒エンジンは最高出力約600ps、最大トルク600Nmとこれだけでスーパースポーツ級のパワーを誇りますが、それよりカムシャフトを持たず、それぞれのバルブを独立して動かせる“フリーバルブエンジン”という謎レベルのハイテクメカとなっていることにご注目。重量も70kgと非常に軽量に仕上がっています。

ミッドに置かれたこのエンジンはドライブシャフトに接続したモーターと共に前輪を駆動し、さらに約500psと1000Nmを発生する2個のモーターが後輪左右をそれぞれ駆動、後退はモーターの逆転で行います。

こうしたスペックの結果、ジェメラは0-100km/h加速で2秒を切る1.9秒を叩き出し、最高速度は400km/hに達します。先日デビューしたばかりの新型「ポルシェ911 ターボ」ですら2.7秒。今年テスラが発売予定の新型「ロードスター」は同じ1.9秒を実現するとされています。

ただ、バッテリー容量が15kWhとコンパクトなことからEV航続距離は最大50kmと控えめ。このあたりが巨大なバッテリーを積むタイカンやテスラなどのEV勢との違いと言えるのかもしれませんが、エンジンと合わせた最大航続距離は1000kmと十分です。

予想価格1億円オーバーは安いかもしれない!?

シャシーには4輪ステア、4輪トルクベクタリング、EV走行時の前輪のディスコネクト機能なども備わります。また、ACCやレーンキープなどの先進運転支援機能なども装備。安全面では6エアバッグや、後席にはISOFIXも装備。億超えの4人乗りHVハイパーカーの後席にチャイルドシートをセットしてのお出かけは、今現在、自動車で可能な最もテックでエクスクルーシブなファミリードライブと言えるかもしれません。

生産台数は300台限定で、価格は発表されていないものの、海外のサイトでは100万ドル(約1億600万円)以上という予測が多いようです。編集などは昨今のハイパーカーブームで億越えモデルを見慣れてきたせいか、盛りだくさんのトピックを考えると逆に安いんじゃいかという気もしまた。いつかどこかの世界線でハンドルを握ることを夢見つつ、海外メディアの試乗記などを待ちたいと思います。

※2020年3月9日、記事内容を修正いたしました。(誤)クランクシャフトのないフリーバルブエンジンを実用化 (正)カムシャフトのないフリーバルブエンジンを実用化

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します