サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > カローラ革命が勃発。豪華なスペックにプリウスも戦慄する

ここから本文です

カローラ革命が勃発。豪華なスペックにプリウスも戦慄する

開発陣が本気で国内ナンバーワン返り咲きを狙ってる!?

「販売店スタッフを含めて、本気で国内販売ナンバーワンを狙ってます!」(小西良樹チーフエンジニア)。

ひさびさに衝撃の大変身であーる。それは、日本を代表するコンパクトカー、12代目「トヨタ カローラ」。かつて33年連続で国内月販1位を誇った元国民車であり、日本を代表するビッグネーム。しかし2002年に「ホンダ フィット」にトップを奪われて以来、影を潜めていた。

もちろん定番セダンの「アクシオ」、ステーションワゴンの「フィールダー」を合わせ、国内の月販台数はほぼ5000台以上をキープ。セールスベスト20圏内は保っていたものの、正直当初の役割は終えたかと思っていた。なにしろ今回ユーザーの平均年齢を聞いて驚き。フィールダーは60代! アクシオは70代!! “走るガラケー”の如き客層で、このまま役割を終えてフェードアウトしてもおかしくないのでは? とも思えたからだ。

実際、日本では年配の固定客が付き、コンパクトで便利な5ナンバーサイズを捨て切れなかったし、その分、同じトヨタから新国民車たるハイブリッドカーの「プリウス」であり、小型版「アクア」も出て十分売れていた。

だが驚いたことに、今回小西チーフを始め開発スタッフはカローラを全く諦めてない。それどころか12代目で再生して大復活! という青写真を描いているのであーる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します