サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ゴルフカブリオレ復活!その実力はいかに?

ここから本文です

ゴルフカブリオレ復活!その実力はいかに?

待ちに待ったゴルフカブリオレ

待望のゴルフカブリオレが復活! ゴルフVベースのカブリオレはついに登場することなく、イオスの登場により、ゴルフカブリオレはこのまま無くなってしまうのだろうか、と心配していただけに、ソフトトップ派、そしてゴルフカブリオレファンには朗報だ。

2002年にゴルフIVベースのカブリオレモデルの生産が終了すると、フォルクスワーゲン(VW)は翌年から「イオス」の開発をスタートさせた。当時、リトラクタブル・ハードトップという新たなオープンモデルが各メーカーから続々と登場しており、VWも例外に漏れずイオスを発表した。

確かにハードトップは、セキュリティの面でソフトトップより安心感が高く、さらにイオスはパサートベースのためゴルフカブリオレより車格も上で室内も広い。そのイオスが世界的に成功を収める一方、クラシカルなソフトトップを求める別のユーザーがいることも、VWはちゃんとわかっていた。だからこそ、今回の復活となったわけだ。ちなみにゴルフカブリオレには、“ストロベリーバスケット”というニックネームがついていたそうで、それほど愛着のある特別なモデルといえる。

ゴルフVIベースの、4代目ゴルフカブリオレは、スポーティな印象を受ける。その最大の理由は、Aピラーの傾斜がきつくフロントウィンドゥが寝ているせいだろう。Cピラーも前方に傾斜しているが、サイドからみると重心が車体のリヤ寄りにあるのがわかる。さらに、全高も低く、このプロポーションがモダンでスポーティなオープンカーとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します