サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ジャガーFタイプ試乗。ベストはV6か、V8か?

ここから本文です

ジャガーFタイプ試乗。ベストはV6か、V8か?

ちょっと控え目な英国スポーツカー流儀

ギラギラさせたバタ臭い男より、ちょっと控え目で頭脳明晰でウィットに富んだ男性がマダムの憧れの的…最近そんな話をスポーツカー好きのマダム達から聞いた。彼女達はアベノミクスのおかげで虎の子の株価のキャッシュポジションが改善され、知らないうちに2倍近くお小遣いが増えたらしく、それまで乗り回していたポルシェやメルセデスを売り飛ばし、フェラーリの購入計画を立てているという。そうか、ポルシェを下取りに出して1000万円も追加すれば買えるんだ! 私は改めて、アベノミクスが富裕層をさらに元気づけている現実に驚いたのだ。

そのマダム達にクルマ選びのアドバイスを求められるとしたら、まずはフェラーリとアストンだけがスポーツカーではないことを進言したい。もし、控え目で頭脳明晰な男性が好みなら、そんなスポーツカーがあることも知っておくべきだ。バタ臭い男性が生理的に性に合わないなら、フェラーリはやめた方がいい。自己主張が強いし、アドレナリンはお肌に悪いかもしれない。フェラーリの注文書にサインする前に英国のスポーツカーを考えてはどうだろうか?

 

英国は歴史的に見ても、スポーツカーのメッカだ。60年代までは世界のスポーツカーの多くを英国車が独占していたといっても過言ではない。しかし、産業構造が刷新されないまま70年台に突入すると英国病と呼ばれた経済不況に陥った。数多く存在していた自動車メーカーは絶滅するか、合併されて国有化されてしまった。しかし、国有化された自動車産業がうまくいくはずはない。日本やドイツが国を挙げて自動車産業をサポートし、大量生産方式でどんどんとクルマを輸出するが、英国車は鳴かず飛ばずの苦境に立たされていた。そこに救世主のごとく鉄の女と揶揄されたマーガレット・サッチャー首相が登場し、民営化を進めたが、時すでに遅し。英国の伝統的なスポーツカーメーカーは自力で復活することができなかったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら