サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 帰ってきた直列6気筒 メルセデス最新の技術を搭載した「S 450」発表

ここから本文です

帰ってきた直列6気筒 メルセデス最新の技術を搭載した「S 450」発表

メルセデス・ベンツ日本は3月1日、フラッグシップの「Sクラス」に新技術「ISG」と「48V電気システム」などの最新技術を搭載した「S 450」「S 450エクスクルーシブ」「S 450ロング」の3モデルを追加し、予約注文を開始した。納車は2018年4月頃からを予定している。価格は1147万円から。

「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」は、エンジンとトランスミッションの間に配置される電気モーターのことで、最高出力16kW(22ps)、最大トルク250Nmを発生し、オルタネーターとスターターモーターの役割も兼ねている。「48V電気システム」はこれまですべて12Vだった車両の電圧の一部を48V化したもので、電圧が高められた事で「ISG」が補助動力として使用される際の加速力の強さや、スターターとして使用される際にはエンジン始動時の振動低下など、走行性能や快適性向上に貢献している。またアイドリング時の回転数を充電電流を調整することで520rpmという低回転で保つことができる。

エンジンは20年ぶりとなる直列6気筒を採用し、3.0L 直噴ターボの最高出力は270kW(367ps)、最大トルクは500Nmを発生。48V化により、これまでエンジン回転を動力としていたエアコンやウォーターポンプなどは電動化され、エンジン前側にあったそれらを動かすプーリーやベルト類は全て無くなり、エンジンをコンパクトにすることができた。他には「電動スーパーチャージャー」が搭載され、排気を利用するターボの弱みである低回転域で効率的に過給し、ターボラグを解消。さらに「ISG」と組み合わせることによりスタートから高回転域までスムーズなエンジンレスポンスを実現しているという。

安全装備は他のSクラスと同様に、自動再発進機能付きのACC「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や、車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」、車外からスマートフォンを使って狭い駐車スペースや車庫などへの駐車操作ができる「リモートパーキングアシスト」などを標準装備している。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します