サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 米GM、8代目となる新型コルベットを発表。6.2リッターV8搭載、ミッドシップへ

ここから本文です

米GM、8代目となる新型コルベットを発表。6.2リッターV8搭載、ミッドシップへ

米ゼネラルモーターズ(GM)は7月19日(現地時間では18日)、フルモデルチェンジを受けた新型「シボレー コルベット」を発表した。

擬装をまとったプロトタイプや走行テストのスパイショットなどで散々焦らされた新型コルベットがようやく全貌を現した。有毒エイを示す「スティングレイ」というサブネームが付された第8世代のコルベットは、事前に明らかにされていたとおり、駆動方式にFRではなくミッドシップレイアウトを採用。全長4630mm(先代Z06比+115mm)×全幅1934(同-36mm)×全高1234(同+4mm)のディメンションを持つボディは、これまでのロングノーズショートデッキに別れを告げ、前寄りのキャビンにロングテールというスーパーカー然としたスタイリングになっている。

ドライバーの背後に搭載されるパワーパックは、ドライサンプを採用したLT2型6.2リッターV8ガソリンエンジン。このカテゴリーでは唯一の自然吸気ユニットとなる。スペックは最高出力495馬力、最大トルク637Nmで、オプションのZ51パフォーマンスパッケージを装着すれば、1530kgの車体を3秒以下で60マイル/h(約97km/h)まで加速させる。これによって、新型はエントリーレベルのコルベットとして史上最もパワフルかつ最速の称号を得た。さらに、エンジンベイは3.2mm厚のガラスハッチで覆われ、オーナーはいつでもこの強心臓を目で楽しむことができる。組み合わされるトランスミッションは8速DCTだ。

リアバイアスのミッドシップとなったことで、当然ながらハンドリングは別次元に進化。ドライバーの着座位置がフロントアクスルにギリギリまで近づいたことも、コントロール性を一層高めている。

一方で、ゴルフクラブ2セットが収まるラゲッジスペースやリアトランクに収納可能なリムーバブルルーフなどユーザーフレンドリーなコルベットの伝統がしっかり受け継がれているのもアピールポイントだろう。

マッスルカーからスーパースポーツへ脱皮した新型コルベット。そのステアリングを日本で握れる日が楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します