サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マイチェンでヴェゼルも「最新ホンダ顔」に 全タイプホンダセンシング標準装備

ここから本文です

マイチェンでヴェゼルも「最新ホンダ顔」に 全タイプホンダセンシング標準装備

ホンダは2月15日、「ヴェゼル」のマイナーチェンジを発表した。ホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準装備とし、デザインの変更や加速フィールの向上を行った。2月16日より販売開始する。

ヴェゼルは2013年12月に発売され、発売直後の2014年の単月では1万台以上販売する月を数回記録し、その後ペースは落ち着くものの、直近の2017年でも5,000台/月を販売しているホンダの「売れっ子」だ。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアの変更、インテリアの質感向上と装備の追加、ハイブリッドモデルのドライブフィール改良、ホンダセンシングを全タイプに標準装備、静粛性と燃費性能の向上、4WDモデルの雪上でのコントロール性能向上などを行っている。

エクステリアデザインは、フロントバンパーとグリルデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用したことで、新型シビックや北米アコードなどに通ずる最新のホンダ顔になった。ボディーカラーには新色「オーロラアメジスト・メタリック」と「シルバーミストグリーン・メタリック」を含む3色を追加し、全8色を設定した。

インテリアでは、フロントシートの形状変更とステッチによりホールド性と質感を向上させた。また装備追加として、メーカーオプションナビ装着車は「Apple CarPlay」と「Android Auto」が対応可能となった。

ハイブリッドモデルのドライブフィール改良として、「スポーツ ハイブリッド i-DCD」をチューニングし、より加速感をスムーズなものに変更。またブレーキペダルにリンク機構を新たに採用することで、ブレーキペダルの軌跡を最適化し、スムーズなブレーキフィールを実現している。

ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダ センシング」は、ガソリン、ハイブリッド全タイプに標準装備。自動ブレーキや誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線中央に沿った走行を維持する「LKAS(車線維持支援システム)」や前走車との車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブクルーズコントロール ※30km/h以上で設定可能)」なども採用されている。

価格はガソリンモデルのスタンダードとなる「G」が207万5千円、ハイブリッドのスタンダードモデルとなる「HYBRID」が246万円となっている。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します