サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 日本死ね、は保育現場だけじゃない。自動車整備士激減で業界は存続の危機に

ここから本文です

日本死ね、は保育現場だけじゃない。自動車整備士激減で業界は存続の危機に

日本死ね、は保育現場だけじゃない。自動車整備士激減で業界は存続の危機に

約8割の自動車ディーラーがサービスエンジニアの採用に困っている。実際の確保状況でも、約5割で計画を下回っている。(出典:国土交通省 自動車局 整備課)

いま、日本の自動車整備士が激減している

そういや去年「保育園落ちた日本死ね」が話題になって子育て現場での労働者不足、環境不備が叫ばれましたけど、日本の自動車業界における整備士不足も相当なレベルみたいです。国交省のレポートによれば整備士は減る一方で「約5割の整備事業場で不足」中で「約1割が運営に支障をきたしている」とか。そうでなくても整備士学校への志願者はメーカー直営校ですら激減しているらしい。

一部の県では志願者ゼロのところも出始めていると言います。保育士、介護士、運転手、整備士といわゆる3Kとも呼ばれるキツイ労働はいよいよ敬遠されつつあるということです。分かっちゃいたけどクルマ業界は深刻でしょう。なにしろ自動車運行の安全に関わる問題ですから。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します