サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 好調ボルボXC40に新たにT4エンジンを追加。長い納車待ち以外に欠点はない?

ここから本文です

好調ボルボXC40に新たにT4エンジンを追加。長い納車待ち以外に欠点はない?

全幅1875mmでも受注4000台の人気モデルに

エンジンを過給機付きの2リッター4気筒以下に絞り、プラットフォームも大小2つに絞って、それらをかけ合わせてさまざまなモデルを生み出すボルボの選択と集中作戦は大成功した。

年々グローバルでの販売台数を増やし、2018年は年間60万台を突破するだろう。日本でも、14年1万3520台、15年1万3786台、16年1万4914台、17年1万6120台と順調に台数を伸ばし、18年は10月までで前年同期比108.3%の1万4149台。十中八九、前年を上回るだろう(数値はJAIA調べ)。どうしてそんなに売れるのか? どこがよいのか? そんなことを考えながら、このほどXC40に追加されたT4モデルを試乗した。

日本で今年1月に予約が始まり、3月に発表、発売となったXC40。立ち上がりから人気を集めたが、当初18年分の日本割り当て台数が1500台と少なかったため、受注してもデリバリーが十分にできない状態だった。その後、500台を新たに確保し、年内に2000台をデリバリー予定だというが、オーダーは4000台に達するというから、これから注文してもそれなりに待つことになりそうだ。なんでも日本の場合、40を名乗るモデルとしては車体が大きく、とりわけ全幅が1875mmと幅広いため、日本でどれほど受け入れられるかインポーターとしても未知数だったようで、様子見として1500台と決めたそうだ。

しかし蓋を開けてみれば大人気。確かに全幅1875mmはCセグメントとしては小さくないが、XC40の場合、従来の60、70シリーズあたりからの乗り換え需要が少なくないのではないか。であればさほど全幅も気にならないはず。実際、XC40は全高も1660mmと高く、車内と荷室は広々していて、上のカテゴリーから乗り換えても不満は出ないはずだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します