サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ「アルファード」 とにかく多いグレードごとの特徴を解説してみた

ここから本文です

トヨタ「アルファード」 とにかく多いグレードごとの特徴を解説してみた

グレード解説の前にボディタイプの説明が必要

トヨタ「アルファード」は、2002年にその初代モデルが登場したラージサイズミニバン。現在は3代目にあたるモデルが新車として販売中で、ラージサイズミニバンのなかでは圧倒的といえるほどの人気を誇っています。

もともとは、アルファードVというグレードから分派して独立モデルとなった姉妹車「ヴェルファイア」のほうが人気は高かったのですが、2018年のマイナーチェンジを境に立場が逆転。2019年には、ヴェルファイアよりもアルファードのほうが2倍近く多く売れるという結果になりました。

そんな人気モデルであるアルファードの購入を検討している人は多いと思いますが、問題は「グレードの数がやたらと多いため、どれを買えばいいのかがよくわからない!」ということではないかと推測します。

そのためここでは、現行型アルファード(※2020年10月2日時点)の基本的なプロフィールをサクッとご紹介したうえで、メインとしては「グレードごとの特徴」を、なるべくわかりやすく解説したいと思います。

現行型アルファードは全長4945~4950mm×全幅1850mm×全高1935~1950mmのラージサイズミニバン。トヨタのミニバンとしてはヴェルファイアと並んで最上級クラスに位置し、また「ニッポンのミニバン」のなかでも最上位の階層にあるといえる3列シート車です。

パワーユニットはガソリンエンジンまたはハイブリッドシステムの2種類があり、ガソリンエンジンのほうは2.5L直4+CVTと、3.5L V6+8速ATの2種類を用意。ハイブリッドは2.5L直4に電気モーターを組み合わせた電気式四輪駆動になります。

で、ここから先が「グレードごとの特徴解説」になるわけですが、その前にボディタイプの話もしなければなりません。

次のページ>>ノーマルボディのグレード展開

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します