サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型CR-V、ジュネーブショーに姿現す SUV風に仕立てたフィットも

ここから本文です

新型CR-V、ジュネーブショーに姿現す SUV風に仕立てたフィットも

ホンダはジュネーブモーターショーにおいて、フルモデルチェンジしたミドルサイズSUV「CR-V」のほか、小型ハッチバック「ジャズ(日本名:フィット)」をSUV風に仕立てた「ジャズ Xロード」などを出展した。

一番の注目はなんといっても新型CR-Vだろう。2011年にデビューした先代は同カテゴリーのベストセラーとなり、収益面でも大きな貢献をしてきた。それだけに、7年ぶりに全面刷新は、メーカーにとって失敗の許されないチャレンジとなる。

新型CR-Vは、先代よりボディサイズをわずかに拡大。ホイールベースを延長したことで、スペース効率をさらに改善している。最近のホンダ車に共通のマスクを採用し、ワイド感を強調したフロントデザインもアピールポイントだ。

パワーユニットに関しては、1.5リッターVTECターボのほか、2リッターエンジンにふたつのモーターを組み合わせたハイブリッド(i-MMD:インテリジェント・マルチ・モード・ドライブ)仕様が初めて欧州でも販売される。

インテリアでは、CR-V史上初となる7人乗りが、ガソリンモデルにオプション設定されることが大きなニュース。この7人乗りモデルでは、3列目でも大人が長時間快適に乗車できるよう十分な足元スペースの確保や、背もたれに十分な角度(101度)を持たせるなどの工夫が凝らされている。

もうひとつの注目株であるジャズXロードは、ジャズをオフロード仕様仕立てとしたもの。無塗装のホイールアーチやサイドモールにより遊び心を演出している。ハード面に手は入っていないものの、日々のちょっとした外出に彩りを与えてくれそうだ。

このほかにもホンダは、「アーバンEVコンセプト」をベースにした量産EVを、2019年初頭に欧州で予約受注を開始することを明らかにした。発売は2019年の予定だ。さらには、ジェンソン・バトンによるタイムアタック用の「シビック・タイプR」も展示するなど、その出展内容はエコから本格スポーツまで幅広い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します