サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > アウディeトロンスポーツバックにSモデル登場。欧州が売れないEV開発を推し進める理由とは

ここから本文です

アウディeトロンスポーツバックにSモデル登場。欧州が売れないEV開発を推し進める理由とは

欧州メーカーがEVを手掛ける理由はCO2の高額な罰金

ノルウェーなど北欧の一部を除いて一向に販売が芳しくない電気自動車(EV)だが、2021年にはCO2排出量に応じて高額の罰金を払わなければならないドイツ自動車メーカーにとって、EVの販売は死活問題だ。中にはVWのように欧州内の総売り上げの32%以上、4500ユーロ(約5400億円!)にも達する罰金を覚悟しなければならないメーカーもある。つまり、EVが売れる、売れないにかかわらず、罰金減額に寄与するEVをできるだけ早く市場に送り込まなければならないという大きな背景があるのだ。

グループ内のアウディも同じで、昨年既にSUVボディをもつEVの「e-tron クワトロ」を市場投入している。このプレミアムEVは昨年のドイツ市場で3578台を販売して、セグメント6位に食い込んでいる。

そして昨年11月のロサンゼルスオートショーではルーフ後端をなだらかに落とし込んだスポーティなクーペ版の「e-tron スポーツバック」の追加を発表。さらに今回、クーペ版にSモデルの「e-tron S スポーツバック」が追加されることになり、そのワークショップが開催されたのだ。

“モアパワフル、モアアジャイル”を狙ったe-tron S スポーツバックの最大の変更点は、従来モデルがフロントとリアに1基ずつの電気モーターをもっているのに対して、リアを2基にした合計3基の電気モーターを装備することにある。3基の電気モーターが発生するシステム出力は通常(Dレンジ)で320kW(435ps)と808Nm、ブースト(Sレンジ)で370kW(503ps)と973Nmを発生する。その結果、自重2.6トンのe-tron S スポーツバックは0-100km/hが4.5秒、最高速度が210km/hに達する。ちなみにe-tron 55 クワトロは5.7秒と200km/hだ。

加えてこの新しい4WDシステムは左右の電気モーターの出力を可変させてトルクベクトリングを行う。この新しいシステムの効果を体験するために、我々選抜されたジャーナリストはアウディスポーツ社のテストコースに集合した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します