サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタの人気SUV「ヤリスクロス」を中古で買うのはアリか?

ここから本文です

トヨタの人気SUV「ヤリスクロス」を中古で買うのはアリか?

>>>ヤリスクロスの詳細情報や動画をカタログページでチェック

ヤリスクロスの中古車相場は下がり傾向

2020年8月に発売されたのトヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」。販売台数がハッチバックの「ヤリス」に統合されてしまっているため、ヤリスクロス単体での販売台数はわからないが、ヤリスの2022年3月の販売実績は1万7442台、2021年トータルの販売台数は19万1414台といずれも登録車ナンバーワンを誇っている(※日本自動車販売協会連合会データより)。言うまでもなくヤリスは売れているクルマだが、SUV人気の昨今、ヤリスクロスも同様に売れているのは間違いない。

そんなヤリスクロスだが、発売から2年弱経過しており中古の在庫もそれなりにあるはず。今回ヤリスクロスの中古車にフォーカスし、「ヤリスクロスの中古車を買うのはアリなのか?」考察してみた結果、「アリ」だった。その理由は以下の通りだ。

>>>ヤリスクロスの詳細情報や動画をカタログページでチェック

>>>ヤリスクロス ハイブリッドの詳細情報や動画をカタログページでチェック

ガソリン、ハイブリッドともに最上級グレードが多め

まずcarview!のカタログページで中古車相場をチェックしてみる。相場は全体的に下落傾向で、これは先述の通りそれなりに在庫が増えてきたためだろう。当然だが高年式なので程度の良いものが多い。走行2万キロ以下が多く、平均価格は約254万円となっていた。

球数と傾向を見てみた。中古車掲載ページで見てみると、2022年4月中旬現在、ガソリンモデルが564台、ハイブリッドモデルが500台とややガソリンが多いが、ざっくり言えば半々といったところだろうか。ハイブリッド比率が多いのではと想定していたが、思いの外ガソリンモデルが多かった。

ヤリスクロスのグレードはハイブリッド、ガソリンいずれも上から「Z」、「G」、「X」で、その在庫数は、
・ハイブリッド Z (357台)
・ハイブリッド Z 4WD(26台)
・ハイブリッド G (105台)
・ハイブリッド X (4台)
・(ガソリン)Z (341台)
・(ガソリン)Z 4WD(17台)
・(ガソリン)G (210台)
・(ガソリン)G 4WD(12台)
・(ガソリン)X (12台)
・ガソリン X Bパッケージ(15台)
※販売店の登録によるズレがあるため掲載総数とは合わない。
まとめると、
・ハイブリッドもガソリンも最上級のZの球数が多い
・全グレード4WDが少ない
という状況だ。

>>>ヤリスクロスの詳細情報や動画をカタログページでチェック

>>>ヤリスクロス ハイブリッドの詳細情報や動画をカタログページでチェック

新車との価格差はあまりないが…

では台数の多いハイブリッド Zとガソリン Gの相場はどうだろう。まだ新型車であり人気のクルマゆえ、未登録や登録のみのほぼ新車のような中古車があるので、最安値を参考値としてみる。また新車に近い条件として「修復歴無し」にした。
・ハイブリッド Z(250万円~)
・(ガソリン)Z (218万円~)
ハイブリッドとガソリンの差額は約32万で、新車が約37万とやや差が縮まっているものの、それなりの金額差はあった。

新車の乗り出し価格はハイブリッド Zはおよそ280万円くらい、ガソリン Zはおよそ245万くらいと想定すると、新車と比較して大きな価格差はなく、お買い得感は希薄かもしれない。しかし新車の納期が不安定な現在(HPによれば工場出荷が注文後6ヶ月以上)、中古でも気にならないのであれば、程度がよいクルマがすぐに手に入る中古のヤリスクロスも十分にいい選択肢になるのではないだろうか。

以上がヤリスクロスを中古車で購入するのを「アリ」とした理由だ。購入検討中の方は一度チェックしてみてはいかがだろうか。
※記事内の台数や相場はいずれも2022年4月現在のものです。

>>>ヤリスクロスの詳細情報や動画をカタログページでチェック

>>>ヤリスクロス ハイブリッドの詳細情報や動画をカタログページでチェック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します