サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ベンツSクラスの新顔 S400ハイブリッド試乗

ここから本文です

ベンツSクラスの新顔 S400ハイブリッド試乗

メルセデスの理想のエコカーとは?

日本でプリウスとインサイトのハイブリッド・バトルが繰り広げられている時、メルセデスはSクラスのフェイスリフトに合わせて、メルセデス初となるSクラスのハイブリッドを発表した。私はその試乗会に招かれテストドライブを堪能してきたが、ハイブリッド先進国の日本人の反応をメルセデスは気にしていたみたでいあった。

二年前のフランクフルトショーからメルセデスは電気駆動の自動車(ハイブリッドや電気自動車)へ技術が大きくシフトすることを示唆していた。ガソリンもディーゼルもハイブリッド化することで、さらに燃費は削減できるし、その先には電気自動車や電気自動車ベースのハイブリッドであるレンジエクステンダー型ハイブリッドの可能性も示していた。

ここではメルセデスの究極のエコカー(筆者はエコカーという呼び方を好まないが)に向けたロードマップを考えてみよう。すでに明らかになっている事実から想像すると、二つの道筋を示していると考えることができる。

まずはクルマ好きが愛好する「ピストンエンジン」を主役としたロードマップだ。ここでは理想的なピストン・エンジンが主役となり、電気モーターがアシスト役を演じるハイブリッドが実現される。理想的とはどういう意味なのか。つまり、ガソリンでもなくディーゼルでもない理想的なエンジンが誕生する可能性があるということだ。

もういっぽうの道筋はみんなが期待している電気自動車をユニットとした燃料電池車やプラグイン・ハイブリッド。でも、ガソリン型プラグイン・ハイブリッドとは異なり、電気駆動が主役で小さなエンジンが発電機の役を演じるシリーズ型プラグイン・ハイブリッドの道筋だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら