サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > AMGスポーツモデル第1弾 C 450 AMG 4MATIC、羽田のメルセデスミーで発表

ここから本文です

AMGスポーツモデル第1弾 C 450 AMG 4MATIC、羽田のメルセデスミーで発表

メルセデス・ベンツ日本は「C 450 AMG 4MATIC」(セダン/ステーションワゴン)を2015年7月21日に発表、受注を開始した。発売予定は9月で、価格は「C 450 AMG 4MATIC」が863万円、「C 450 AMG 4MATICステーションワゴン」が943万円。

C 450 AMG 4MATICは、メルセデス-AMGが開発したAMGスポーツモデル専用の高出力のV型6気筒エンジンと、 パフォーマンス志向の4WDシステムであるAMG 4MATICを備えた「AMGスポーツモデル」の第一弾となるモデル。AMGモデル(AMG C63)に次ぐ高性能モデルとして、高い走行性能を実現するAMGテクノロジー、モータースポーツを想起させるエモーショナルなAMGサウンド、そしてスポーツマインドを刺激するAMGデザインの3つを特徴とする。

発表会は同社が羽田空港第2旅客ターミナルに7月22日からオープンするブランド情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA」で行われた。※後半の画像でメルセデス ミーの様子も紹介しています。

外観デザイン

シングルルーバー付きダイヤモンドグリル、AMGトランクリッド・スポイラー、デュアル・ツイン・エグゾーストエンド、ハイグロス・ブラック19インチAMGツインスポーク・アルミホイールなどを採用している。また、V6エンジンのカバーにはレッドのVラインが入る。

搭載エンジン

AMGスポーツモデル専用の3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジンはピエゾインジェクターやスプレーガイド式燃焼システムを採用。クランクケースとシリンダーヘッドはアルミ製で軽量化を図り、シリンダーウォールには摩擦低減と高強度を実現するナノスライド加工を施している。最高出力270kW(367ps)/最大トルク520Nm、0-100km/h加速4.9秒(ワゴンは5.0秒)。さらに、軽量&低背圧タイプのAMGスポーツエグゾーストシステムが官能的なサウンドを演出する。

メルセデス-AMGが開発した4WDシステムのAMG 4MATICもCクラスとして初めて搭載。33:67とリア寄りのトルク配分を採用している。

サスペンション

C63と同様の足回りにAMGライドコントロール・スポーツサスペンションを組み合わせている。また、電動パワーステアリングは速度やドライブモードでアシスト量を変化させるAMGパラメーターステアリングを採用。センターコンソールのスイッチでは、サスペンションの3つの減衰モードを含め、パワーステアリング、エンジン特性、シフトプログラムなどを連動させて、エコ(E)、コンフォート(C)、スポーツ(S)、スポーツプラス(S+)、インディビデュアル(I)の各モードに設定できるAMGダイナミックセレクトが選べる。

また、ブレーキはフロントに360mmのドリルド・ベンチレーテッド・ディスク、リアに320mmのベンチレーテッド・ディスクを採用して制動力や耐フェード性を高めている。

<主要スペック>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します