サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > GT3の巨大ウイングが無いだけ? 羊の革を被った「GT3ツーリングパッケージ」は何が違うのか?

ここから本文です

GT3の巨大ウイングが無いだけ? 羊の革を被った「GT3ツーリングパッケージ」は何が違うのか?

違いは大型リアウイングが可変スポイラーになっただけ!?

「GT3には乗りたいけれども、頻繁にサーキットを走るわけではないので大げさなスポイラーは要らない!」という控えめなオーナーの要望に応えて、ポルシェは発売されて間もない992型「991 GT3」に“ツーリングパッケージ”を追加した。このバリエーションは1972年の「カレラ 2.7RS」が起源で、その後1999年の996型から復活、993型、991型と継承されてきた。

オリジナルGT3と「GT3 ツーリングパッケージ」との最も大きな変更点はリアのスワンネックウイングが省略されているだけで、パワートレーンやシャーシなどメカニカルコンポーネンツに一切変化はない。すなわち4.0リッター自然吸気ボクサーエンジンの最高出力は510馬力、最大トルクは470Nmを発生する。0-100km/hは6速MTで3.9秒、7速PDKでは3.4秒、最高速度はMTで320m/h、PDKでは318km/hとスペック表には記載されている。

試乗車をよく観察すると、リアには巨大なスポイラーに代わって911カレラのように控えめな可変スポイラーが“控えめに”畳み込まれているだけでなく、ご丁寧にブレーキキャリパーまで赤では無く黒く塗られている。

だが、カーボン製となるフロントボンネット先端の2分割エアアウトレットや、リアのディフューザーとその中央から突き出たエグゾーストパイプを見れば、この911がタダモノではないことはポルシェ通には直ぐに分かるだろう。リアのハイマウントストップランプの下には「GT3 touring」のバッジが添えられている。

一方、インテリアはウイング付きのオリジナルGT3とほとんど変わることがない。スイッチをONにするとタコメーター中央とメーターパネルには「GT3 touring」の文字が浮かび上がり、専用スポーツシートに身を沈めたオーナーが「GT3」であることに“密かに”満足できる演出になっている。このアンダーステートメント(控えめ)なところがGT3ツーリングパッケージのたまらない魅力なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します