サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ドゥカティ「スクランブラー 1100 スポーツ」はお高めだけどクセの無い万能選手かも

ここから本文です

ドゥカティ「スクランブラー 1100 スポーツ」はお高めだけどクセの無い万能選手かも

日本自動車輸入組合(JAIA)主催の2輪車試乗会に参加してきました。試乗するのはもちろんすべて輸入車。その中で気になったモデルをチョイ乗りしたのでレポートします。

今回ご紹介するのはドゥカティ「スクランブラー 1100 スポーツ」です。「スクランブラー」シリーズが投入されたのは2015年。それまでスポーツモデル中心だったドゥカティにおいて、ストリート感満載なスタイルで登場し、話題になりました。発売時はL型2気筒、803ccのエンジンを搭載。その後399ccのエンジンを搭載した「シックスティー2」が追加され、中免(正式名称は普通自動二輪免許)でも乗れるドゥカティとしてこれまた話題になりました。

そして2018年に追加されたのがこの「スクランブラー 1100」シリーズです。モデルラインアップは3タイプ。「スクランブラー 1100」はスタンダードタイプ。「スクランブラー 1100 スペシャル」はハンドルバーを低めにして、アルミニウム製前後フェンダー、クローム仕上げのフルエキ、ブラックアウトしたワイヤースポーク他、外装を中心にその名通りスペシャル仕様にしたもの。試乗した「スクランブラー 1100 スポーツ」はオーリンズ製48mm径フルアジャスタブルの倒立フロントフォークと、リアにもオーリンズ製のプリロード/リバウンド調整機構付モノショックを装備。フロントブレーキはブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーに320mmのセミフローティング ダブルディスクを装着し、スポーツの名に恥じない仕様となっています。

またがってみると身長170cmの編集Kはつま先立ちにはなりますが、シートがやや細身なので足が届かないという感覚にはなりません。スタンダードよりやや下げられたハンドルバーの低さは全く違和感なく、それまでのスクランブラーシリーズとおおよそ同じ「殿様スタイル」気味の楽チンポジション。

クラッチミートに神経をつかうことなくスルスルとスタート。800ccのスクランブラーに比べると動きにやや重厚感がありますが、ヒラヒラとした軽快感は損なわれていません。一方でアクセルをワイドオープンすると1100ccらしいパワフルで豪快な加速が味わえます。クセもなく全般的に気を使わず思い通りに走らせることができました。これはひょっとするとスクランブラーシリーズのベストバイかもしれません。しっかりと消音された排気音がやや寂しいので、もうすこし1100ccらしいサウンドを聴きたいとも思いましたが、そのあたりは自分好みにカスタムしていくのがバイクの楽しみというところでしょうか。

お値段は183万5000円と輸入車らしくややお高めですが、ネオクラシックでありながらボリューム感があって、パッと見で「カッコいい」と思わせるスタイリッシュなルックスは男女ともにウケが良さそうだし、それでいて乗りやすくパワーもある。1台でオールマイティに使いたい、という人にはその価値に見合うお値段なのかもしれません。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します