サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > NYオートショー報告。現地へ飛んだ河口まなぶが注目した3台とは

ここから本文です

NYオートショー報告。現地へ飛んだ河口まなぶが注目した3台とは

NYオートショー報告。現地へ飛んだ河口まなぶが注目した3台とは

写真は、トヨタ プリウス PHV

確かな存在感を示した日本メーカー

時代はスポーツカーを求めているのか?……と思えてしまうほど、ニューヨーク国際オートショーでは多数のスポーツモデルの登場が印象的だった。

アメリカのメーカーでいえば、フォードの「シェルビー GT-H」やシボレーの「カマロ ZL1」、トヨタの若者向けブランドの「サイオン tC RS 10.0」が注目され、欧州メーカーからは「アウディ R8スパイダー」や「メルセデス-AMG E43 4マチック」が登場した。

そして、日本メーカーからはホンダの高級車ブランド「アキュラ NSX GT3」を筆頭として、「トヨタ 86」、「日産 GT-R」、「マツダ MX-5 RF(日本名:ロードスター RF)」といった具合でワールドプレミアが目白押しだった。

だから、このショーだけ見ていると、ひと昔前の景気がよかった時代のモーターショーのようにすら思えた。そのくらい、勢いを感じるショーだったという印象だ。

そうしたショーの中にあって、日本の自動車メーカーの存在感は大きい、と感じたのも事実。実際に日本メーカーの多くはNYオートショーに合わせて重要な新型モデルを送り込んでおり、やはり日本メーカーにとっても、日本市場ではなくアメリカが最も重要な市場だと痛感させられる。

トヨタは「プリウス PHV」をアメリカ名の「プリウス プライム」という車名で送り出してきたし、スバルも「インプレッサ」の新型をワールドプレミアした。噂されていたマイナーチェンジ版のGT-R、ロードスターのリトラクタブルハードトップ「RF」も、この地を発表の場として選んだ。

“有力モデル”がどこで登場するかは、世界の市場の中で、どこが大切であるかを静かに物語っているということだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します