サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミラージュ改良版に試乗。フォードよ見ろ、これぞ日本最良心的ガイシャの姿だ

ここから本文です

ミラージュ改良版に試乗。フォードよ見ろ、これぞ日本最良心的ガイシャの姿だ

フルチェンじゃないのにボンネットまで変更

さて、大変身の新型ミラージュ。まず驚いたのは見た目だ。通常はフルモデルチェンジでもない限り、ボディ外板は変えないものだが、今回はボンネットのプレスまで変えて大きくイメチェン。以前は女性ウケを狙った優しいマスクやタイ生産のイメージもあり、妙にアジアチックでチープな雰囲気すら持っていた。

ところが今回は薄型とはいえ存在感あるメッキグリルを付けた上、新作ボンネットで力強いメリハリも獲得。同時にLED入りヘッドライトやリアコンビライトバンパー、バンパー下のハデ目なガーニッシュなども装着。ボディカラーでも専用の深味のあるメタリック系が選べるようになった結果、かなりリッチに。サイズは相変わらずだが見た目の存在感は旧型5割増し! で、リアスタイルもバンパーが張り出し、スポイラーがハネ上がって迫力増加。マイチェン直前にサイドミラー内蔵型となったウィンカーからもイマドキ感が伝わってくる。

さらに内装だ。元々質感が悪くなかったインパネ樹脂こそ変えてないが、ステアリングに一部メッキ塗装を施し、オーディオスイッチや指かけを付けたり、シフト回りやパワステ回りにメッキを施した結果、リッチ感倍増。特により鮮やかなホワイト発光のメーターが効いている。ついでに効果的なのは上級グレードに装備される織物調のシート表皮で、こちらもリッチ感ざっと5割増し。130万円台から買えるコンパクトカーとして、結構な競争力を備えてきているのであーる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します