サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ「フィット」 ライバルにはない“心地よさ”が魅力

ここから本文です

ホンダ「フィット」 ライバルにはない“心地よさ”が魅力

安全運転支援システムが全車に標準装備

ホンダ「フィット」は、初代モデルが2001年にデビューした5ドアハッチバックの小型乗用車。現在は2020年2月に登場した4代目のフィットが新車として販売されています。

小ぶりなハッチバックでありながら、広い室内空間とユーティリティ性の高さ誇っているのが歴代フィットですが、4代目となる現行型もその特徴を大いに継承しつつ、「車での移動におけるリラックスや癒やしにつながる“心地よさ”を盛り込んだ」というのが基本的な特徴となります。

「柴犬をイメージした」というフロントまわりの造形をはじめ、そのデザインは安心感や親近感が感じられるもの。極細のフロントピラーや凹凸のないダッシュボードを採用することで、運転席からの視界の良さも抜群です。新設計されたシートの心地よさもあって、4代目のフィットは確かに「心地よいコンパクトカー」に仕上がったと言えるでしょう。

そして最新世代だけあって安全装備も充実していて、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」は全車に標準装備。こちらには渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや車線維持支援システム、誤発進抑制機能などに加え、ホンダ車として初めて近距離衝突軽減ブレーキも搭載されています。

現行型フィットのグレード構成は、まずパワーユニット(動力源)が「ガソリンエンジン」と「シリーズハイブリッド」の2種類に分かれていて、それぞれのなかに5つの仕様が用意されている――という形になっています。より細かく分けるなら、それぞれの仕様にFFと4WDの双方が用意されていますので、新型フィットのグレードは「全部で20種類ある」ということになるでしょうか。

2種類あるパワーユニットのまずひとつが、最高出力98psの1.3Lガソリン直4エンジン。そしてもうひとつが、1.5Lのガソリンエンジンに「発電用」と「走行用」の2つのモーターを組み合わせたハイブリッドの「e:HEV」です。

このe:HEVは、通常走行時は最高出力109psの走行用モーターによって走り、より強い加速が必要なときなどには、エンジンが始動して発電用のモーターを回し、その電力によって走行用モーターを駆動させます。またエンジンが得意とする高速クルーズ時にはエンジンと車輪が直結し、エンジンの力だけで走るという、合計3種類のモードが自動的に切り替わる仕組みになっています。

次のページ>>お買い物など近場中心ならガソリン版でも問題なし

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します