サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ソニーの電気自動車を見て、日本で自動運転社会が実現をするのか憂慮した

ここから本文です

ソニーの電気自動車を見て、日本で自動運転社会が実現をするのか憂慮した

現状は自動運転レベル2だがアップデートしていくらしい

先般ご承知のとおり、なんとあのソニーが自動車を作った。1月7日からラスベガスにて開催されている家電エレクトロニクスショー「CES 2020」で発表された「VISION-S(ビジョン エス)」なる試作車である。

ソニーが出したプレスリリースを読んではみたものの、高等小学校しか出ておらず、しかも「得意な科目は図画工作だけでした」という筆者には、その技術的な細部や価値はほとんど理解できなかった。

またソニーというエレクトロニクス企業が自動車製造インダストリーに参画(?)することのグローバルなインパクトや狙いなどについても同様に、筆者のごとき町人の理解の範疇を超えている。

そのため、そのあたりのややこしくも壮大なイシューについては東京帝大やイェール大などで学位を取られた評論家先生各位に丸投げしたいと思う。

筆者がここで行いたいのは、「で、自動運転っちゅうのは結論として今後どうなるのよ?」という問題を薄ぼんやり考えてみることだ。

ソニーのVISION-Sは、現状ではレベル2(部分運転自動化:クルマが速度とハンドル制御を行うが運転の主体はドライバー)に該当している車というか試作車だが、リリースによれば「ソニーのイメージング・センシング技術をはじめ、AIや通信、そしてクラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ進化し続けます」とのこと。

そのため、VISION-Sは将来的にレベル4(高度運転自動化:特定の場所での運転の主体はクルマ)に達することを目指しているのだろうし、ことによったらレベル5(完全運転自動化:すべての運転の主体はクルマ)まで視野に入れているのかもしれない。

※自動運転レベル4についての補足に間違いがありましたので、お詫びして訂正いたします。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します