サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ブガッティ、シロン ピュール スポール同乗で3億5000万円のクルマでサーキットや峠を飛ばす富豪の異世界を見た!?

ここから本文です

ブガッティ、シロン ピュール スポール同乗で3億5000万円のクルマでサーキットや峠を飛ばす富豪の異世界を見た!?

サーキットや峠をブガッティで飛ばす富豪のためのスポーツ仕様

「ヴェイロン」の後継モデルとして2016年に登場したブガッティ「シロン」は同社のコーチビルダー戦略に則って、これまでに「シロン スポーツ」、「ディーヴォ」、「ラ ヴォワチュール ノワール」、「チェントディエチ」などの個性豊かなバリエーションが誕生している。社長のステファン・ヴィンケルマンは公道やサーキットを楽しみたいユーザー向けに「シロン ピュール スポール」を追加、ジュネーブショーでデビューさせる予定だったが、残念ながら新型コロナのパンデミックでワールドプレミアは果たせなかった。

今回、ドイツ中部のプライベートサーキットでの同乗試乗会に少数のジャーナリストを招待、改めてその全容を公開したのである。

一般にはブガッティのリッチなオーナーはプライベートミュージアム用に購入、仕舞い込んで滅多に公道へは出てこないと言う印象がある。しかし社長のヴィンケルマンによれば実際にサーキットや峠道でスポーツドライブを楽しみたいアクティブなドライバーがいるというのだ。そこで開発されたのがこの「ピュール スポール」である。開発コンセプトは究極のコーナリングマシーンである。ダウンフォースを得るためにフロントにはエアスプリッター、リアには1.9m幅の巨大なカーボン製リアウィングが装着されている。ボディは50kg軽量化され、シャーシは低く固められている。

タイヤは新たに開発されたミシュラン スポーツ カップ 2R(前285/30 R20、後355/25 R21)で2.5度のキャスター角で装着、ロードホールディングの向上を狙っている。一方8L W16気筒クアッドターボの1500psの最高出力と1600Nmの最大トルクの変更はない。ただしプログラムの変更でフレキシビリティを向上させ、前後のファイナルギア比変わらないが7速ギアは全て18%落とされている。その結果60-120km/hの中間加速時間は6速で2秒も速くなった。また0-100km/hは2.4秒、200km/hまでは5.9秒と短縮され、代わりに最高速度は420km/hから350km/hへとダウンしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します