サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型プジョー 508はドイツ勢とは異なる価値観を楽しめる選択。ガソリン車が好印象

ここから本文です

新型プジョー 508はドイツ勢とは異なる価値観を楽しめる選択。ガソリン車が好印象

新型プジョー 508はドイツ勢とは異なる価値観を楽しめる選択。ガソリン車が好印象

プジョー 508 GT Blue HDi

ボクシースタイルからクーペスタイルへ

昨年のジュネーブショーでお目見えしたプジョーのフラッグシップサルーン「508」が日本上陸を果たし、これにようやく試乗することができた。フルモデルチェンジとしながらも「509」とならなかったのは、現行世代が末尾のラインナップ数字に「08」を使用しており、新型508もこの世代に属するから。ということで今回試乗したのは、二代目508ということになる。

とはいえ新型508は、先代に対しその内容を大きく変えてきた。もっともわかりやすいのは今年のジュネーブショーで発表された「208」と通ずる最新のプジョーデザインだろう。フルLEDヘッドライトの目尻から連なるデイライトは、まさにトレードマークであるライオンの牙を連想させる。ちなみに3本線のブレーキランプは、ライオンの爪痕をイメージしている。サイドに目を移すとサッシュレスのドアがグラスエリアの広さを強調し、伸びやかなボディラインを引き立たせる。

そして構造的にも大きな変更となったのが、トランクルームへのアクセスをハッチバックとしたことである。これは昨今セダンのトレンドが、ボクシースタイルからクーペスタイルへと変遷していることが大きく影響している。いまや利便性においてはSUVにその座を奪われたセダンだけに、必要十分な実用性を持ちながらも走りの良さや美しさを強調することは命題なのだ。ちなみにそのトランク容量は通常で487L、後席を倒すことで1537Lとなっている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します