サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アテンザ、ガソリンモデル試乗&開発陣に聞く

ここから本文です

アテンザ、ガソリンモデル試乗&開発陣に聞く

これほどFR泣かせのFFセダンがあっただろうか?

乗った瞬間、「なんだこれ?」と思った。とにかくすべてが上質で滑らかなのだ。それでいて、欧州車的な妙な威圧感もない。乗り心地はもちろん、発進加速もそうだし、中でも圧倒されたのはステアリングフィール。

実にしっとりとした手応えで、路面の状況をたっぷりと伝えつつ、確実に舵を切り込んで行くような感覚が得られる。しかもそれが低速から高速までシームレスに続く。

私はある意味「もう、マークXはいらないのかも?」と思った。もはやFFセダンでここまで繊細で上質な走りが得られてしまうのならば、今あるような高額で、走りに特化したFRセダンは必要なくなってしまう。

実はメルセデスやBMW、あるいは一部トヨタ マークXと言った高級FRセダンはある種“質感”のためだけに存在している。

ドライブシャフトがいる分、スペースユーティリティ的には確実に不利。実際、どれだけ工夫してもフロアにセンタートンネルは生じてしまうし、エンジン縦置きレイアウトが求められるだけに、そこでもパッケージングに制約を受ける。

事実、メルセデスやBMWでメチャクチャ室内の広いFRセダンは存在しない。いや、存在するがその分、ボディはデカくなる。そしてそれらはすべてフロントタイヤを舵取りに専念させるため、リアでタイヤを駆動するためのシステムに他ならない。得られるメリットはダイレクトなステアリングフィールと理想的な前後重量配分ぐらい。すべては走りの質向上のためだけに存在する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら