サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディA3試乗 新型ゴルフと悩んだらどちらを買うべきか?

ここから本文です

アウディA3試乗 新型ゴルフと悩んだらどちらを買うべきか?

アウディA3試乗 新型ゴルフと悩んだらどちらを買うべきか?

アウディ A3 スポーツバック ファーストエディション

車台をゴルフと共有し1.0Lはパワートレーンも同じ

かつてこんなに間を開けずにアウディ「A3」とフォルクスワーゲン「ゴルフ」が導入されたことがあっただろうか。A3は5月に発表されていたが、本格的なデリバリーがこの時期になって先日メディア向け試乗会が開かれた。

一方ゴルフは6月15日の発表を前に報道解禁日付き試乗会が開かれた。その結果、メディアに試乗記が掲載されるのがほぼ同時期になった。互いにコロナ禍や半導体不足などにより本来インポーターが予定していたタイミングではないはずだが、期せずしてほぼ同時発売となり、売る側、迷う側(買う側)ともに盛り上がった。自動車メディアもいろいろ企画しやすいし。

新型A3は第4世代となる。歴代ゴルフと車台を共有し、パワートレインも一部それぞれにしかないものもあったが、多くを共有してきた。今作も同様。MQBプラットフォームを用い、スポーツバック(5ドアハッチバック)と4ドアセダンがある。

エンジンは1.0L直3ターボ(30TFSI)、2.0L直4ターボ(40TFSI)、ハイチューンの2.0L直4ターボ(S3)の3種類。全車7速Sトロニック(デュアルクラッチ・トランスミッション)との組み合わせ。30TFSIはFWD、40TFSIとS3はクワトロ、つまり4WDとなる。燃費改善と加速アシストを目的に、全車MHEV(マイルドハイブリッド)化された。ベルト駆動式のスタータージェネレーターと48Vリチウムイオンバッテリーが組み込まれる。

最初にゴルフのベーシックグレード「Active(アクティブ)」と同じパワートレーンを採用する30TFSIのセダンを試す。セダンはオワコンか否かといった論争自体が少し前まであったが、今ではその論争自体がオワコン化しつつある。A3も先代の実績も新型の受注でもスポーツバックの割合が圧倒的だというが、それでもラインアップするということはやめるには惜しい程度には売れる見込みがあるのだろう。

国産メーカーは輸入がない分、生産調整、在庫管理が輸入車よりもイージーなはずなのに次々セダンをやめるということは、つまりよっぽど売れないということなのかもしれない。やめると残念がるが、あるうちは買わないというのはクルマに限らない消費者あるあるだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します