サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル新時代のスタンダード、新型インプレッサが発売。価格は192万2000円~

ここから本文です

スバル新時代のスタンダード、新型インプレッサが発売。価格は192万2000円~

第5世代となる新型インプレッサがいよいよ正式発表の日を迎えた。2.0リッター車は10月25日から販売がスタートし、1.6リッター車は年末の発売予定とされている。ボディタイプはハッチバックの「SPORT」とセダンの「G4」、価格はボディタイプによる違いはなく、エントリーグレード「1.6i-L EyeSight(FF車)」の192万2400円から、最上級グレード「2.0i-S EyeSight(AWD車)」の259万2000円まで。

2020年を見据えた次世代モデルの第一弾

「インプレッサに留まらない、スバルのフルモデルチェンジ」と富士重工業の吉永社長が語った新型インプレッサは、高剛性&低重心化を図ったスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)の初採用をはじめ、“DYNAMIC×SOLID”を全面採用したデザイン、内外装(とくに内装)の質感アップ、アイサイト(ver.3)や国産初の歩行者保護エアバッグと7つの乗員保護エアバッグを全車に標準装備するなど、まさにスバル新時代の幕開けにふさわしい仕上がりとされた。

搭載エンジンは、2.0リッター水平対向4気筒・直噴(最高出力154ps/最大トルク196Nm)と1.6リッター水平対向4気筒(同115ps/148Nm)の2機種で、いずれも変速範囲を拡大してリニアな加速と燃費を両立した新リニアトロニック(CVT)が組み合わされる。燃費は2.0リッター・FF車が17.0km/L(もしくは16.0km/L)、1.6リッター車が18.2km/L。

ステアリングのパドルシフトは全車に標準。インテリジェント(I)とスポーツ(S)という2種類の走行モードを使い分けられるSI-DRIVEは2.0リッター車に標準となり、コーナリング時に内輪側にブレーキをかけて旋回性能を高めるアクティブ・トルク・ベクタリングは、「2.0i-S EyeSight」に標準装備される。

アイサイトや国産初の歩行者保護エアバッグなどを“標準”とした理由

価格アップによる顧客離れのリスクを恐れず、アイサイト(ver.3)をはじめとした数々の安全装備を“標準”としたことには理由がある。ひとつは先代モデルの販売時からアイサイトの装着率が極めて高かったことと、そのアイサイトによって追突事故が大幅に減らせたという客観的なデータが得られたこと。もうひとつは、北米やドイツ、イギリスといった国々に比べ、日本は交通事故死亡者における歩行者や自転車の割合が圧倒的に多いため(これには日本の道路事情が大きく関係している)、歩行者保護エアバッグの効果が高いと想定されるからだ。スバルは悲しい事故を一件でも減らし、交通事故・死亡事故ゼロへの挑戦を続け、「価格を上回る価値」を提供していく道を選んだ。

9月1日から始まった新型インプレッサの先行予約台数は、約1ヶ月でほぼ6000台に達し、しかも他メーカーからの乗り換えがそのうち半分を占めるという。スバルの思いがユーザーに届いたひとつの表れと言えるかもしれない。ちなみに「SPORT」と「G4」の販売比率は、先代モデルと同様に8:2程度。納車待ちの列は、2.5~3ヶ月程度とのこと。

グレードおよび価格

インプレッサ SPORT/G4
1.6i-L EyeSight=192万2400円(FF車)/213万8400円(AWD車)
2.0i-L EyeSight=216万円(FF車)/237万6000円(AWD車)
2.0i-S EyeSight=237万6000円(FF車)/259万2000円(AWD車)

次のページ>>スペック例

【こちらもオススメ】
プロトタイプの試乗レポート

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します