サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レトロポップな本格SUV FJクルーザーに試乗!

ここから本文です

レトロポップな本格SUV FJクルーザーに試乗!

以前からメイド・イン・ジャパン

FJクルーザーがようやく日本に導入された。これまでは並行輸入という“裏技”を使うしか乗る手だてがなかったモデルだけに、今回の正式発売はとても喜ばしいニュースである。

日本導入とか、並行輸入という言葉を使うと、いかにも海外で生産されているモデルっぽく聞こえるが、FJクルーザーの生産拠点はトヨタ傘下のトラックメーカーである日野自動車・羽村工場。れっきとしたメイド・イン・ジャパン、それも東京生まれである。ということは、これまで日本で販売されていた並行輸入車は、太平洋を往復するとてもとても長い船旅を経て日本に上陸してきていたわけだ。今回販売がスタートした日本仕様は、当然ながら羽村工場から日本国内にそのまま出荷されることになる。

FJクルーザーの販売が北米で始まったのは2006年。なぜトヨタはこれほど個性的で魅力的なモデルを4年間も放置していたのだろうか? もともと北米市場向けに開発したモデルだけに日本ではサイズが大きすぎる…というもっともらしい理由が囁かれている。たしかに全幅は1900mmの大台を超えるが、ベースとなったランドクルーザー・プラドと比べると全長はむしろ125mm短いし、全幅にしても30mmしか大きくない。サイズの大きさが決定的な理由ではなかったはずである。

ではなぜ日本に入れなかったのか。他にも意外な理由があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します