サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ・グランエースは12月発売で600万円超。アルファードを超える豪華ミニバンという理解は間違い

ここから本文です

トヨタ・グランエースは12月発売で600万円超。アルファードを超える豪華ミニバンという理解は間違い

600万円オーバーで2グレードを設定

モーターショーでもトヨタ車体のブースに展示されて人気を集めたトヨタの大型ミニバン「グランエース」が12月16日に発売されます。価格は3列6人乗りの「プレミアム」が650万円、4列8人乗りの「G」が620万円。全長5.3×全幅1.97mの超大型ミニバンとあって、「アルファード」の頂点モデルである「エグゼクティブラウンジ」に匹敵する価格設定となりました。

ACCや先進安全装備を標準搭載

駆動方式はどちらもFRで、尿素SCRを使う2.8Lディーゼルターボに6速ATを組み合わせます。WLTCモード燃費は10.0km/L。高級ミニバンらしく、標準で装備される先進アシスト機能のTSS(トヨタセーフティセンス)には、アダプティブクルコンやオートマチックハイビーム、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックブレーキが含まれています。

全席豪華なVIP仕様と8名乗り仕様

シート配列は3列版のプレミアムが2列目と3列目の両方に電動リクライニングや電動オットマンも付くエグゼクティブパワーシートを装備。4列版のGは2列目がエグゼクティブパワーシートで、3列目が手動キャプテンシート、4列目が6:4分割チップアップシートとなっています。

また、インテリアは黒系のトリムで、シートはプレミアムがアイボリー系、Gが黒系。要所に木目やメッキを配した重厚でゴージャスなデザインとなっています。

ファミリー向けの豪華ミニバン

主なニーズとしては、3列目にも豪華なシートが欲しいというVIP向けのリムジンや、8名乗車可能かつプレミアムなホテルや宿の送迎車でしょうか。セミボンネットのワゴンボディ構成や、快適性では不利なリジッド式リヤサスペンション、内外装のデザインなどに、パーソナルカーとしての新しさは特にありません。アルファードの上位モデルとしての快適性や先進性を備えた次世代ミニバンの登場、ではなく、あくまでビジネス市場狙いの手堅い1台と言えそうです。

とはいえ、アルファードでも豪華さが足りないというハイソなファミリーは世界的にも増殖中なはず。トヨタが手掛けた次世代ミニバンの名にふさわしいニューモデルにも期待したいところです。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します