サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ザ・ビートルがデザインを中心にマイナーチェンジ

ここから本文です

ザ・ビートルがデザインを中心にマイナーチェンジ

ザ・ビートルが4年ぶりにマイナーチェンジ

9月21日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは「The Beetle(ザ・ビートル)」を4年ぶりにマイナーチェンジした。グレードは「ザ・ビートル ベース」(234万9000円)、「ザ・ビートル デザイン」(269万9000円)と、「ターボ」から名前が変わった「ザ・ビートル 2.0 R-Line」(345万9000円)の3種類。

ボディカラーには新色を追加

主な変更点は前後バンパー・デザインで、特にフロント側は「ザ・ビートル・デューン」と共通した雰囲気になった。リアの変更はごく控えめだ。

ボディカラーはストーンウォッシュドブルーメタリックとボトルグリーンメタリックが追加されたほか、「ザ・ビートル・デューン」のサンドストームイエローメタリックと、「ザ・ビートル・クラブ」のハバネロオレンジメタリックも選べるようになった。

インテリアではシート表皮などが新デザインになっている。「ザ・ビートル デザイン」はダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムがボディカラーと同色になり、専用ファブリックシートやオプションのレザーシートで、最大32通りの組み合わせから選べる。

安全装備では、ドライバー疲労検知システム「ファティーグ(Fatigue)ディテクションシステム」を全車に標準装備したほか、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」がザ・ビートル 2.0 R-Lineに標準装備、他のグレードにオプション設定された。

VWの純正インフォテイメントシステムの「コンポジション メディア」も全車標準装備。スマートフォンとの接続で「Mirror Link」「Apple CarPlay」「Google Android Auto」が利用できる。オプションの純正ナビゲーションシステムも、交通情報受信が可能になり、位置精度向上や操作性も向上した最新の「716SDCW」になった。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します