サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 売れまくってるノート e-POWERを編集があらためてチェック。良いところと気になったところ

ここから本文です

売れまくってるノート e-POWERを編集があらためてチェック。良いところと気になったところ

7割がe-POWER

日産「ノート e-POWER」に編集が試乗しました。現行モデルは2012年に発売された2代目で、2016年に追加したハイブリッドの「e-POWER」が大ヒット。直近では軽自動車を除いた登録車において2018年度販売台数1位を記録し、2019年も上半期2位をキープしています。ネット上では来年モデルチェンジされるという噂が流れていますが、未だに売れ続けるノート。販売車両の7割がe-POWERだそうで、その実力をあらためてチェックしてみます。

試乗車は「ノート e-POWER X ブラックアロー」です。「X」をベースに、ルーフ、ドアミラー、ドアハンドルをブラック化して、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを装着。インテリアは内装トリム(ルーフトリム、ピラー等)をブラック化、シートやドアトリムクロス、フィニッシャーを専用カラーとしています。また「X」ではメーカーオプションとなる「インテリジェント クルーズコントロール(前車追従クルコン)」と「インテリジェント LI(車線逸脱防止システム)」を標準装備しています。車両本体価格は211万4640円。

侮れないモーターの実力

乗って感じたこのクルマの美点をいくつかご紹介します。走り出してすぐに感じたのが力強さとスムーズさ。e-POWERはエンジンを搭載していますが、バッテリーの充電のみに使用し、100%モーターの力で駆動するシリーズ方式のハイブリッドシステムです。モーターによって0km/hから100%発揮される最大トルクは254Nmと2.5LのNAエンジン並で、車重が1220kgと軽いことも相まって、コンパクトカーとは思えないほどの力強い加速をします。またモーターによるシームレスな加速感は非常にスムーズで“これからのクルマ”を感じさせてくれます。

次に静粛性の高さです。バッテリーのみでの走行時はまさに静寂。静かすぎるのでタイヤノイズなどの外部音が気になりますが、クラスを考えるとやむを得ないところでしょうか。バッテリー残存量が少なくなったり、高負荷時などはエンジンが始動し充電を開始しますが、耳につくほどの音量では無いのでそこまで気にならず、街乗りでは同クラスと比べると静かと言えそうです。

次のページ>>ACCの便利さと直進安定性の高さが光る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します