サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型XC40/V40が見えてきた。2017年から加速するボルボの野心

ここから本文です

新型XC40/V40が見えてきた。2017年から加速するボルボの野心

新型XC40/V40が見えてきた。2017年から加速するボルボの野心

新型コンパクトクロスオーバー「XC40」を示唆する“40.1”とトーマス・インゲンラート氏

“40.1”=ボルボ最小のクロスオーバー「新型XC40」

先月、ボルボは本拠地スウェーデンはイエテボリに世界のジャーナリストを招き、次期型40シリーズの方向性を示す、2台のコンパクトカーをお披露目した。とりあえずは無機質に“40.1”そして“40.2”と呼ばれていたこの2台、ボルボのファンはもちろん、そうじゃない人にとっても、かなり衝撃的ではないだろうか。

デザイン担当上級副社長として、かつてVWなどに在籍していたトーマス・インゲンラート氏が就任して以来、ボルボのデザインはまさに大変革の中に居る。氏がゼロから手掛けた第一弾モデルとなる新型XC90を見れば、トールハンマーをモチーフにしたヘッドライトなどのディテールにしても、シンプルながら艶めいたフォルムの美しさにしても、明らかに今までとは違ったボルボに仕上がっている。海外モーターショーなどでお披露目済みの新型S90V90のスタイリングも、やはり同じ文脈にある。

ところが、この2台はそれらとはまた完全に異なるテイストを醸し出している。特に“40.1”は、逆スラントしたフロントマスク、キャビンの辺りで一旦途絶えるショルダーライン、塗り分けの通り上下に分割されたCピラー等々により、これまでのボルボのイメージを大きく覆す仕上がりと言える。スプーンカットと呼ばれるえぐり、Cピラーに隠されたリアドアノブなども、やはり目をひくポイントだ。

目下、ユーザーの買い物リストのトップに位置しているのが、コンパクトSUVである。新型40シリーズは、これをベースにする「XC40」からの発表となるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します