サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型ゴルフは走行性能やデジタル環境がさらに高まった。装備充実グレードは400万円台

ここから本文です

新型ゴルフは走行性能やデジタル環境がさらに高まった。装備充実グレードは400万円台

「ライフ」「スタイル」「Rライン」の3種類

今年最後のビッグイベント「新型ゴルフ(ゴルフ8)」の試乗会がポルトガルのポルトで開催された。これまで7世代にわたって3500万台が生産されてきたゴルフは、ニューモデルが発表されるたびに常に世界の自動車メーカーの規範となる存在として君臨してきた。果たして8世代目もその資質は備わっているのか?

歴代のゴルフ発表会と比べるとやや地味な印象を免れない会場に用意された試乗車は全て直列4気筒1.5リッターで、ガソリンが48VマイルドハイブリッドのeTSIとノンハイブリッドのTSI、そしてディーゼルのTDIである。ニューゴルフには装備によって「ライフ」「スタイル」そして「Rライン」と3種のモデルラインが用意される。私が試乗したのはスタイルで、これまでの「ハイライン」に代わる上級モデルだ。

搭載されるエンジンは4気筒1.5リッターガソリンにeTSIと呼ばれる48Vマイルドハイブリッドを組み合わせたもので、最大出力は150馬力、最大トルクは250Nmを発生する。トランスミッションは7速DSG(デュアルクラッチ)のみである。48Vのリチウムイオン電池は助手席の下に置かれている(右ハンドル仕様でも助手席側に設置される)。カタログ上の性能は0-100km/hが8.5秒、最高速度は224km/hに達する。

旧モデルに比べて、佇まいも寸法もほとんど変わらないが、新型のデザインで最も目立つのはヘッドライトだ。22個のLEDライトユニットを内蔵し、ハイテックな顔つきとなった。さらにフロントドア前部からリアクオーター、さらにトランクのリアライト上部にまでボディの4分の3を貫通したプレスラインも目を引く。これまでのゴルフでは、噂によれば社長らトップの嗜好でこうした明確なラインをショルダーに持たなかったが、今世代から許されたと言われる。

他には、ロゴが新しくなったVWエンブレムの真下に「GOLF」と入った。空気抵抗係数のCd値は0.3から0.275へと改善されたが、これは車高がわずかに低くなったことと、延長されたルーフスポイラーなどによって達成されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します