サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > BRZ tS。走りはチューニングの模範解答?

ここから本文です

BRZ tS。走りはチューニングの模範解答?

チューニングの模範解答へ

自分の好みの乗り味を手にする。見た目を手にする。クルマを改造する、通称チューニングと呼ばれる行為の目的がそこにあるのであれば、正解の方法などは無く、自己満足の世界に浸れるほどに良いチューニングとなる。

しかし、もしも走りにおける"本物"を求めてチューニングをするなら…より具体的に言えば、もしも街中からワインディングそしてサーキットまで含めて走る道を選ばず、絶えず走りの気持ちよさや楽しさを感じたいのであれば、そのモデルは間違いなく模範解答になる。

しかも、同じカーブを同じ速度で曲がるにしても、ハンドルを切り込むスピードやブレーキ操作の仕方は人それぞれ異なるし、もっとマニアックな世界で言えば、楽しいとか気持ちよいと感じる好みが人それぞれなので、絶対的な"本物"など存在しない。それも踏まえて"本物"に限りなく近いところにいる。

その走りを提供するのが「BRZ tS」。2012年3月にBRZが発売された時から、待焦がれていた方もいたはず。スバルのレースシーンやスポーツシーンを一手に担う、スバルテクニカインターナショナル(STI)が500台限定で作り上げた、コンプリートチューニングモデル。

STIが提唱する「強靭でしなやかな走り」を提供するために、ボディから足回り、タイヤ、シートにまで手が加わっている。ここまでなら今までのSTIモデルにも共通するが、特に今回はBRZの素性を活かし、ハンドルを操作して気持ちよいとか愉しいと感じるハンドリングカーとしての純度を高めたのが特徴だ。

試乗した率直な感想は"模範解答といえる乗り味"となる。その中身、より詳しく述べていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します