サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ ハスラー おすすめは装備が充実したXとXターボ。ダイハツ タフトと迷ったときは?

ここから本文です

スズキ ハスラー おすすめは装備が充実したXとXターボ。ダイハツ タフトと迷ったときは?

現行モデルは全車マイルドハイブリッドに

2014年1月に初代モデルが誕生したスズキ ハスラーは、軽ハイトワゴンにSUVを掛け合わせた「軽クロスオーバー」という新ジャンルを開拓したモデル。現在は、2020年1月に発売となった2代目が現行モデルとして販売されています。

2代目のスズキ ハスラーは「遊べる軽」というキャラクターはそのままに、設計を全面的に刷新。デザインと走り、そして安全装備やインフォテインメントシステムなどは全方位的にレベルアップされました。

「HEARTECT(ハーテクト)」という新世代プラットフォームの採用とボディ形状の微調整により、2代目のハスラーは居住性も向上しました。「軽自動車規格」という制限があるなかで全高を15mm、ホイールベースを35mm拡大したことで、前席と後席との距離は35mm広がり、肩まわりのスペースや前席左右の距離、乗員の頭上スペースなども拡大されたのです。

そういった「広さ」に関する部分だけでなく、2代目ハスラーは骨格の部分やエンジン、遮音性などの部分にもかなりマニアックな技術が投入されたため、軽自動車としてはすこぶる優秀な部類に入る操縦安定性や快適性、静粛性などが実現されています。

搭載エンジンは新開発された自然吸気とターボ付きの2種類ですが、そのどちらにもマイルドハイブリッド(簡易的なハイブリッドシステム)が搭載されています。電気モーターがエンジンをアシストしてくれるため、ノンターボエンジンであっても短時間の加速ならストレスはなく、アイドリングストップの状態からエンジンが再始動する際も、ほとんどショックがありません。

衝突被害軽減ブレーキを中心とする予防安全装備のパッケージ「スズキ セーフティ サポート」は(Gの非装着車を除いて)全車に標準装備。ただし、全車速追従機能付きの「アダプティブクルーズコントロール」と「車線逸脱抑制機能」はターボ車のみに設定されています。

>>スズキ ハスラーのおすすめグレードやユーザーの評価を見てみる

このページの写真:HYBRID Xターボ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します