サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル初の公式ファンミーティング、熱気あふれる「SKC」から報告

ここから本文です

スバル初の公式ファンミーティング、熱気あふれる「SKC」から報告

3月27日(日)、スバルネクストストーリー推進室が企画した初の公式ファンミーティング『SUBARU FAN MEETING 2016』が開催された。特設サイト(http://www.subaru.jp/fan_meeting/)で実施された事前応募には約3500件の申し込みがあり、今回は抽選で選ばれた1000台のスバル車と2500人のファンが集結した。

心配された天気も予報とは反対に晴れ間がのぞくようになり、開発者やファンたちが思う存分に“スバルを語る日”となった。ここでは熱気あふれるイベントの模様を50枚の写真とともに報告していこう。

非公開のテストコースでも撮影オーケー

ファンミーティングの会場となったのは、栃木県佐野市にある「スバル研究実験センター(略称:SKC)」。通常はもちろん非公開で、メディア向けに開放される際にも撮影規制がかかるのが普通だが、今回は太っ腹にも基本的にすべてフリー。参加したファンらが熱心に写真や動画を撮り、自身のSNSにアップする姿も多く見られた。このあたりは、ファンとの距離を縮めるとともにその声を聞き、今後の開発に活かしていきたいというスバルの考えの表れだろう。

最新モデルに驚き、往年の名車に癒される

テストコース内では往年の名車から最新モデルまで数々のスバル車が走り、現地で“当たり”を引いた一部のファンが同乗できるプログラムも用意された。

約4.3キロの高速周回路ではファンを乗せた「WRX STI」やドライビングアカデミーの「BRZ」が180km/h以上のスピードで駆け抜け、ダートでは「フォレスター」が悪路走破性を誇示し、低ミュー路ではラリーカーが華麗なドリフトを披露するなか、「スバル360」や「1000」、「レオーネ」などの往年の名車が走る姿はどこか牧歌的で、ファンたちの表情は自然とほころんでいた。

開発者とユーザーがスバルを語る

レガシィやレヴォーグ、インプレッサといった主要モデルのPGM(開発担当者)と直接コミュニケーションを取れるのも目玉のひとつだった。トークショーやオーナーズミーティングでクルマ作りへの思いや秘話を語るPGMに対し、ファンらは熱心に耳を傾け、鋭い質問を繰りだしていた。

生粋のスバリストも多かっただけに、先日のNYオートショーでワールドプレミアされた新型インプレッサの情報も当然のようにチェック済み。インプレッサのPGMは「スバル車における下克上です」と表現し、クラスを超えた内外装や走りの“質感”に自信を見せていた。また、5ドアハッチとセダンの差別化もより明確化されたようで、走りの味付けはセダンがよりスポーティな方向になっているという。

NYでは初の大幅改良を実施したトヨタ86も発表されたため、兄弟車であるBRZの今後にも注目が集まった。「ターボ化はあるのか?」というファンからの質問(要望?)には苦笑いしながら「ありません」と答えていたBRZのPGMだったが、その表情は近い将来のビッグマイナーを予告していた。

今後のファンイベントにも注目!

朝早くからのイベントは、オーナーたちが愛車とともに参加したパレードランで締めくくられた。イベントの最初から最後まで参加し、自らリーフレットを配ってファンを出迎えた富士重工業・吉永泰之社長は、充実した表情を浮かべながら、「今後もユーザーと触れ合う機会を大切にしていきたい」と語った。

スバルとファン、ファンとファンをつなぐ『SUBARU FAN MEETING』は、来年以降も継続して開催されることだろう。また、ユーザーのアイデアにスバルが乗る企画「アクティブライフスクエア(http://www.subaru.jp/lifeactive/)」も是非チェックしておきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します