サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産ノートが大ヒット! 効率だけではない、走りの楽しさがそこにはある

ここから本文です

日産ノートが大ヒット! 効率だけではない、走りの楽しさがそこにはある

sponsored by 日産自動車

e-POWERで花開いた素性の良さ

初代ノートは「低燃費でビュンビュン系!」で知られるけれど、現行の二代目ノートは“e-POWER”を得たことで「モーターでビュンビュン系!」になった。このe-POWERというハイブリッド方式は“コロンブスの卵”的な痛快さをもって、ノートというコンパクトカーを一躍スターダムに押し上げたと思う。

だってそうじゃないか。道を走ればいまやそこかしこで日産ノートが走っていて、2018年度の登録車販売台数ナンバーワン(※)という金看板が伊達ではないと実証されている。そして道行くノートには「e-POWER」がとても多く目に付き、さらに「nismo」のバッジを付けたドライバーなどは、どこか誇らしげにこれを運転している。ちょっといいじゃないか。

ところで、大前提として言っておきたいのは、そもそもこのノートというコンパクトカーが、ガソリンモデルからして走りが良いということである。

ルーフを車体後端まで長く伸ばし、リアハッチでストンと落としたシャトル形状のボディは、ラゲッジルームの積載性を最優先したイマドキの形。しかしながらボディは必要にして十分な剛性を確保しており、リアサスペンションのストローク量にも不足を感じない。絶妙にバランスを保つ設計がなされているからその乗り心地には、質実剛健な誠実さがある。

さらにハンドルを切ると、グレードを問わずに運転が楽しい。反応が穏やかながらも遊びがない操舵感。ハンドルの切り始めからタイヤが路面を適切に捉え、切り続けても接地感が途切れない。小型車ながらも手抜きの無い操舵感やロール感には、まるで開発陣やテストドライバーたちの努力が見えるかのようで、運転しているとちょっと嬉しくなる。

その一方で、少しばかり実直に過ぎて地味だった面もある。だが、e-POWERという“エレクトリック・パワー”を得たことで、一気にポテンシャルを解き放った。つまりノートは、モーターを搭載したから売れたのではない。もともとの素性が良いクルマにモーターを積んだから、ブレイクしたのだと思っている。

※国内登録車販売ランキング(軽自動車を除く)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します