サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ブーン/パッソ試乗。企画からダイハツ担当で完成度はどうなる?

ここから本文です

新型ブーン/パッソ試乗。企画からダイハツ担当で完成度はどうなる?

新型ブーン/パッソ試乗。企画からダイハツ担当で完成度はどうなる?

写真は、ダイハツ ブーン

今回は商品企画もデザインもダイハツが担当

新型ブーン/パッソにおける最大のトピックは「ダイハツとトヨタの共同開発から、ダイハツからトヨタへのOEM供給モデルへ…」だそうだ。

これまでのブーン/パッソは、サイズやコンセプト、性能、価格などの設定(=商品企画)と基本デザインをトヨタが、実際の設計開発と生産をダイハツが担当する共同開発だったが、今回はそのすべてをダイハツが単独でおこなった。ただ、車名も販売体制もこれまでどおりで、供給される側(パッソ)が、供給元(ブーン)より圧倒的に売れる図式も変わりないだろう。月販目標はブーンの1000台に対して、パッソは5000台である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します