サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ゴーストのロング版&初のピュアEVが日本上陸

ここから本文です

ゴーストのロング版&初のピュアEVが日本上陸

ロールスロイス最強にして、もっとも環境性能に優れるゴーストが日本に導入されたのは、2009年10月のこと。そして今回、導入当初から要望が大きかったというロングホイールベース版、「ゴースト・エクステンデッドホイールベース(EWB)」の日本導入が決まった。またロールスロイス初のピュアEVとして開発が進む「102EX」も同時にお披露目。さっそくその詳細を見ていこう。

■さらなる至福の時間を…ゴーストEWB

ロールスとしては比較的コンパクトに仕上げられている標準ゴーストからホイールベースを170mm延長したゴーストEWBでは、後席の足元スペースが160mmから330mmへと実に2倍以上も広げられている。写真の女性モデルは179センチの長身だが、余裕で足が組めているのが分かるだろう。

さらに日本市場向けには、左右独立可動式リアシートや、後席背面に2台のモニターを備える豪華なシアターシステムを採用。シアターシステムの操作は、後席アームレストに搭載されたダイヤル式コントローラーですべて行える。またパノラマ・サンルーフも標準装備される。

搭載エンジンも桁外れだ。ゴーストと同じ6.6リッターV型12気筒・ツインターボは、570ps/780Nmというロールス史上最強のスペックを誇り、0-100km/h加速はゴーストが4.9秒、ゴーストEWBが5.0秒をマークする。ゴーストEWBの価格は3495万円。ちなみにゴーストEWBは受注生産で、年内は台数限定生産となり、2012年からフル生産がスタートする。

※ゴーストEWB(写真01~12)、ゴースト(写真14・15)

■ピュアEVの実験台…102EX

ファントム・エクスペリメンタル・エレクトリックとも呼ばれる「102EX(ワンオーツー・イーエックス)」は、ロールスが次世代に向けて開発を進めるピュア電気自動車の“実験台”で、すでに一般ユーザーを含めた公道テストも行われている。

102EXでは、乗用車に搭載されるものとしては世界最大級のリチウムイオンバッテリーと、2基の電気モーター(145kW×2)をリアのサブフレームに搭載し、388psの最高出力と、スタンダードなファントム(720Nm)を上回る800Nmもの強大なトルクを発生する。1充電での走行距離は、現在のところ200kmまで延びている。

ロールスでは今後も専用ウェブサイト(http://www.electricluxury.com/)に集まる様々なフィードバックを手掛かりとしながら、超高級ブランドの未来像を模索していくという。

※102EX(写真16~30)

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら